多くの伝説に包まれたプラハ

多くの伝説に包まれたプラハ

ゴレム、ファウスト、天文学者のティコ・ブラーエ、あるいはヴィシェフラドのリブシェ…その昔、プラハがどのようにして魔力と神秘を手にしたのか、あなたは興味がありませんか?

有名な占星術師であり天文学者のティコ・ブラーエが生まれたのは、はるか昔のことです。まさに今年の四旬節の時期には、生誕から470年が経とうとしているのですから!彼の出生地はデンマークのコペンハーゲンですが、その人生の大半をプラハで過ごしました。ヨーロッパを旅していたティコ・ブラーエは、皇帝ルドルフ2世の招待を受けプラハへ迎えられました。彼はプラハを気に入り、皇帝の宮廷天文学者として仕え始めたのです。当時の宮廷には彼の同僚でありライバルでもあった天文学者、ケプラーもいました。
ティコ・ブラーエの死は、プラハでも最大級の歴史あるランドマーク-ゴシック様式で建てられたティーン前の聖母教会、いわゆるティーン教会と結びついています。ここで、この著名な天文学者の墓を目にすることができるのです。更には、19の美しい彫刻が施された初期バロック様式の祭壇もあります。教会の上に立つ2つの尖塔の作りは対照ではありません。南の塔はより大きく、より豊かな装飾が施されています。塔の高さは 80 メートルあり、プラハで2番目に高いものです。ティコ ・ ブラーエの墓は過去に2度も開かれ、遺体の調査が行われています。1度目は1901年、2度目は2006年のことでした。

ティコ・ブラーエの死には明らかに謎が多く、多くの言い伝えが残っています。その 1 つは、同じ天文学者であり最大のライバルであったケプラーに殺されたというものです。実際、彼の体からは水銀が検出されており、 この推測を裏付けることができます。彼の体中の水銀が腎臓炎を引き起こし、これが彼を死に至らしめた可能性が最も高いのです。しかし、水銀を摂取させた方法は謎のまま…ですが、残念ながら、最新の調査結果が全ての謎を否定してしまいました。というのも2006年の調査によって、彼の体内から水銀が検出されたのは確かですが、その量は致死量に及ばなかったということがわかったのです。これによって、彼の死は人の手によって下されたものではないことが確認されました。

天文学者ティコ ・ ブラーエの時代に、神秘的なファウストの伝説が結びつくことは目明白です。新市街のカレル広場にはもう一軒、プラハの謎めいた建物があります—ムラドトフスキー宮殿、あるいはファウストの家といわれるのがそれです。ここにはその人生の大半においてルドルフ2世の宮廷で仕えた、錬金術師で神秘主義者のエドワルド・ケレリーが住んでいたといわれています。この家がファウストの伝説と関わりがあるのです。これまでに、この家からは貴重な壁画が発見され、子供靴や猫の骨などが壁に塗りこめられているのが見つかり、更に伝説とされていた源泉も発見されたといわれています。これらの多くの物事が、この家について神秘的な伝説を生むインスピレーションとなったのです。大人1人が通り抜けられるくらい大きな天井穴の発見は、ファウストの伝説が形成される過程で、着想となりました。さらに、この家から新市街市庁舎まで地下道でつながっているともいわれています。ファウストの家は、1740年頃に建設されたすばらしいディーンツェンホファー門に隣接しています。もともとゴシック様式であった建築物は現在、バロック様式に改築されています。

さらにプラハに謎と神秘性を与えるのは、ゴレム伝説です。純粋にただの伝説であるのか、それともここにはいくらかの真実が含まれているのか。この答えはおそらく永遠に隠されたままで、私たちは伝説の存在だけで満足しなくてはならないでしょう。信じるか信じないかは、もはやあなた次第です。伝説によると、ラビと呼ばれるユダヤの律法学者であったレーフが、キリスト教徒からユダヤのゲットーを守るため、シェームという玉をいれると命が宿るゴレムを生んだといいます。また、ゴレムは旧新シナゴーグの屋根裏に隠されたそうです。このシナゴーグを訪れる際に、ユダヤ博物館の魅力にも誘われてみたならば、きっと、プラハのユダヤ人共同体について、多くの興味深い事実を知ることができるでしょう。

紛れもなく、プラハのヴィシェフラドはチェコ国民にとって重要で記念碑的な存在といえるでしょう。伝説の 1 つによるとリブシェ王女はこの場所で、その予知能力をもってプラハの未来を見たと言われています。「大きな町が見えます。その栄光は星にも届くほどです」。ヴィシェフラドはまた、魅力ある観光地です。聖ペトル・パヴェル教会、あるいはチェコ国民が誇りとする著名人達が眠る墓地です。ここで墓標に見ることができる名前には、カレル・チャペク、ボジェナ・ニェムツォヴァー、ベドジフ・スメタナ、アントニーン・ドヴォジャーク、あるいはヴァルデマル・マトゥシュカなどがあります。

もう1つのプラハのランドマークはカレル橋です。ティコ・ブラーエも必ずやここを歩き、星を観測したに違いありません。プラハ最古の橋は、1402年にユディト橋が建っていた場所に建設されました。このプラハのランドマークにまつわる伝説も、数多く存在します。特に重要なのはブルンツヴィーク王子に関するものです。伝説では、橋にはブルンツヴィーク王子の剣が埋め込まれているといわれています。この剣は、持ち主の命令で敵の首を切り落とす奇跡の剣です。チェコの地が危機に陥ったとき、ブラニークの騎士たちを引き連れ馬に乗ったヴァーツラフ王子が現れ、彼の馬は剣を隠した場所を蹴り崩すというのです。もちろん、チェコ人が伝説の信憑性を知るためには、この瞬間をただ待っているしかありませんが…。また、カレル橋には合計で30体のバロック様式の像が並んでいますが、その中で最も有名なのはヤン・ネポムツキーの像でしょう。チェコで最も有名な聖人であるヤン・ネポムツキーは、カレル橋からヴルタヴァ川に投げ込まれたとされています。彼が落とされた場所の石の欄干には、小さな鉄製の十字架の印が施されています。

これら全ての物語を、あなたは本当に単なる伝説だとおもいますか?