クリスタル渓谷  - 一生心に残るユニークな体験を

クリスタル渓谷 - 一生心に残るユニークな体験を

ボヘミア・ガラスの美とその製造の秘密を探る 

クリスタル渓谷 - 一生心に残るユニークな体験を
2022年は国連が定めた国際ガラス年です。貴方もこの年、ガラスに関する知識を高め、そしてご自分の手でガラス製品作りを試してみてください。クリスタル渓谷では、そんな機会が数多く提供されています。これはイゼラ山地、そしてルジツェ山地地方に位置する伝統的なガラス産業地帯で、何百年も前にボヘミア・クリスタル、そしてガラスパールが誕生した場所でもあります。ここでは中でも特にお勧めのスポットをご紹介いたしましょう。

ガラス工の気分を味わう 

吹きガラスについて知りたいという方は、クンラチツェ・ウ・ツヴィコヴァにあるガラス工房、パチネク・グラスを是非お訪ねください。研磨場と伝統的な溶解工程では、職人の手作業の様子を間近で見学し、その場で見学者もガラス作りを試してみることができます。ご見学の際には、工場内の美しいガラス庭園も是非ご覧ください。またツール・ド・フランスのトロフィー制作の場として知られるリンダヴァ村のラスヴィット社では、ガラス熟練工の手により、溶解したガラスが、繊細で優美な姿に生まれ変わるまでの工程を、作業場の周囲に巡らされた廊下からじっくりとご見学いただけます。ご希望の方は、吹き竿を使って、マイ・ジョッキや花瓶などを作ってみることもできます。ご見学の後は、工場内の食堂でチェコ料理をお楽しみください。


 
ポニクラー村のラウチス社は、そのガラスパールのクリスマス・オーナメント作りがユネスコの無形文化遺産に登録されていることで知られています。ここでは、吹き竿を用いた吹きガラスから、銀染色、着色、パールのカット、そしてオーナメントの組立まで、あらゆる工程をご覧いただけます。その後ワークショップで、オリジナルのガラスパール・オーナメント作りを試してみてください。


 
チェコでは、ガラス工芸フェスティバルもいくつか開催されています。例えばジェレズニー・ブロトガラス・タウンは、毎年9月に開催されており、そのワークショップではガラス作りに挑戦することができます。
 

ガラス見学アラカルト 

ハラホフ市のノヴォサト&スィンは、現在も機能しているものとしては世界最古のガラス工場。ここではチェコ最大級にして最も価値の高いものの1つとされているコレクションをご観賞いただけます。ここには、例えば溶解窯のすぐ横で手作業でなされるガラス形成作業が見学でき、専門家の指導のもと、自身のオリジナル吹きガラス作品制作に挑戦することも可能となっています。ご見学後は、味に定評のある地ビール、あるいは地元のビールスパでのリラックス体験などをお楽しみください。
 
ガラスは、グルメとは縁のないものと思っている方は、ノヴィー・ボル市のノヴォトニー・グラス・センターに是非一度お立ち寄りください。認識を新たにすること、間違いなしです。ここでは、ガラス工房レストラン「フッチ(<ガラスの>溶解工房の意)」で舌鼓を打った後、その上階にあるガラス博物館で展示物を観賞しながら、ガラス製造の様子もご覧いただけるのです。

オリジナルのアクセサリー作りに挑戦 

ヤブロネツ・ナド・ニソウのガラス&ジュエリー博物館内には、奇跡の世界と題した展示コーナーがありますが、これは公開されているものとしては世界最大のガラス製クリスマス・オーナメントのコレクションとして知られています。また同市内には、この地方最大のガラスパール・メーカー、ニサ・ファクトリービーズ製造博物館もありますが、ここではビーズの研磨方法が学べ、またモダンなワークショップではガラスのモザイク画を描いたり、自分だけのオリジナルのガラス・アクセサリーを作ったりすることができます。
 
さらに様々な種類のヤブロネツ製アクセサリーを見てみたいという方には、クシシュチャーロヴィー・ラーイ(クリスタル・ヘブン)がお勧め。ここでもワークショップで、オリジナルのネックレス、ブレスレット作りを試してみることができます。.