チェコのベトレームの伝統

チェコのベトレームの伝統

クリスマスの雰囲気に浸る! 

チェコのベトレームの伝統
チェコのベトレーム/Betlém(キリスト降誕場面を表した模型)は何百年もの歴史を持ちます。その多くがアドベント開始前に展示され、人々がクリスマスモードになる時期を告げてくれます。ここではベトレーム見学に最適な場所として、屋外博物館、博物館、その他チェコ各地の注目のスポットをご紹介しましょう。貴方もどうぞクリスマスの雰囲気にどっぷりと浸ってみてください。

教会で見るベトレーム 

もともとベトレームはイエス・キリスト降誕場面の再現として、教会でのみ見られるものでした。その後時が経つとともにベトレームは風習と化し、人々の家へと浸透していったのです。プラハでベトレーム見学に適した場所としては、例えばヴィシェフラト聖ペトルとパヴェルのバシリカがあります。ここでは12月24日に19世紀の美しいベトレームをご見学いただけます。またマラー・ストラナ勝利の聖母マリア教会はプラハの聖なる御子像が納められていることで有名ですが、ここでは12月5日よりテラスに大きな木板に描かれた現代的なベトレームが展示されます。更に教会内の博物館は世界のベトレーム常設展示場ともなっており、中南米、カナダあるいはフィリピンのベトレームなどが紹介されています。またこの時期は、前述の聖なる御子が、クリスマスの白い衣装をまとった姿も見ることができます。その他、クリスマスにベトレームが飾られる伝統的な場所としては、デイヴィツェ地区の聖マチェイ教会も挙げられますが、ここでは珍しいジンジャークッキーで作られたベトレームが見られます。

いざベトレーム博物館へ!

チェコにはベトレーム博物館がいくつかあり、どれも年中オープンしています。その中の1つ、中央ボヘミアカルルシュテイン・ベトレーム博物館には、チェコの古い木彫りのベトレーム・コレクション、あるいは砂糖やパンから作られたベトレームが展示されていますが、一番の見所は何と言ってもカルルシュテイン・ロイヤル・ベトレーム。これは歴代チェコ王の中でも特に有名あるいは重要な人物10人の像から成る、国内最大の人形ベトレームです。

東ボヘミアの町、トシェベホヴィツェ・ポド・オレベムのベトレーム博物館には、チェコ国内様々な場所で、様々な材料から作られた、新旧合わせて400以上のベトレームが展示されています。中でもトシェベホヴィツェのプロボシュタ・ベトレームは、国内のベトレームの中で唯一文化財に指定されている非常に貴重なものです。およそ100年前に作られたこのベトレームは、何千もの彫刻物、そして約350の人形から成っていますが、うち51体はそれ自体が機械仕掛けで動き、また回転盤に乗って動くものもあります。長さ7 mのこのベトレームは、子供たちはもちろんのこと、大人も、特にメカ好きの方は必見です。

ヴィソチナは、ベトレーム作りではチェコ国内で最も有名な地方ですが、ここではトシェシュチのベトレーム常設展示をご見学いただけます。またギネスブックにも掲載されている世界最大の機械仕掛けの民俗ベトレームは、南ボヘミアのインドジフーフ・フラデツで見ることができます。

屋外博物館のベトレーム

中央ボヘミアプシェロフ・ナド・ラベムのスカンゼン(屋外博物館)では、11月末に、敷地内に点在する小屋の中で、昔の生活が再現されます。史跡保護の対象となっているこれらの建物の中で、昔ながらのアドベント、クリスマスの風習が紹介されるのです。「ポラビー(ラべ川流域の低地)のフォークロア・クリスマス」と題したクリスマス展覧会では、昔の民俗あるいは教会のベトレームのほか、現代のベトレーム・コレクションも展示されていますが、これは様々な材料から作られており、その数は年々増大しています。



また東ボヘミアの町・フリンスコでは、「クリスマスのベトレーム」と題した展覧会がフリンスコ・ベトレーム史跡保護区で開催されます。ここでは、クリスマスのオーナメントで飾られたログハウス、そして民俗工芸家の手掛けたベトレームをご覧いただけますが、特にユニークな機械仕掛けのフリンスコ・ベトレームは必見です。また珍しいキリスト受難のベトレームや、藁や紙、あるいはクッキー生地から作られたベツレムも見られます。

野外でベトレームが見られる場所  

リベレツ郊外のクリシュトヴォ・ウードリーでは、11月末に、画家ヨゼフ・イーラが手掛けたユニークな屋外ベトレーム展示され、夜は美しくライトアップされた姿を見ることができます。

また東ボヘミアのククス病院の近くには「ベトレームへご一緒に」と名付けられたルートがあります。これはククスの広場から森の中、ブラウンのベトレームへと誘うものです。岩に彫られたこのベトレームは、もともと26体から成っていましたが、残念ながら現存しているものはそのうち10体のみとなっています。



この他、やはり一見の価値があるものとしては、北ボヘミア・ヴルフラビーの城の公園内にあるクルコノシェ・メルヘン・ベトレーム、あるいは東モラヴィア、ウヘルスケー・フラジシュチェ郊外のアミューズメント・センター「コヴォゾー」の木造り・金属製ベトレームが挙げられます。後者は動物が鉄くず、人が木で作られているという異色のものとなっています。どうぞ貴方も是非チェコで、お気に入りのベトレームを発見してみてください。