太陽と音楽とフェスティバル  ― チェコの夏を正しくエンジョイするためのコンビネーション

太陽と音楽とフェスティバル ― チェコの夏を正しくエンジョイするためのコンビネーション

夏とともにやって来るのが待ちに待ったミュージック・イベント。この夏もボヘミア、モラビアで貴方のお好みにあったコンサートを選んでください。

チェコの夏は、世界的に有名なミュージック・フェスティバルが目白押し。プラハでは現在あの有名な「プラハの春」の真っ最中ですが、これは毎年(既に70年以上)世界の一流音楽家が参加して行われるクラシック音楽の祭典です。またロックやその他様々なジャンルの音楽のファンは、7月初旬にフラデッツ・クラーロヴェー、あるいは英国・ガーディアン紙推薦のオストラバのフェスを今から待ち焦がれています。今年は何が用意されているのか、ここでご紹介いたしましょう。

世界トップ・クラスのフェスティバル、カラーズ・オブ・オストラヴァ

フェスティバル「カラーズ・オブ・オストラヴァ」(2016年7月14日~7月17日)は、英国の日刊紙「ガーディアン」により、ヨーロッパ10大音楽イベントの一つとして、一押しされたことがあります。フェスティバルは2002年に第一回開催と、歴史こそ浅いですが、短期間で一挙に名声を獲得、現在ではチェコ国内で最も人気のある音楽・文化イベントの一つに数えられています。この人気の秘密は一体何でしょうか。このフェスティバルは、大物ミュージシャンが登場することで知られており、過去にビョーク、ボビー・マクファーリン、アラニス・モリセット、ジョン・ニューマン、シガー・ロス、あるいはフランスのシンガー、ザーズなどのトップ・スターが出演、今年はアンダーワールド、M83、そして作家のロバート・フルガムなどを迎えて行われます。

Colours of Ostrava, Jaroslav Holanカラーズ・オブ・オストラヴァは、ドルニー・ヴィートコヴィツェ地区の建築学的に実にユニークなエリアで開催されますが、ここはまた欧州文化遺産にも登録されています。この地域は現在も進化し続けており、その証拠が例えば最近加えられた「ボルト・タワー」。その名は、ここオストラヴァで開催された国際陸上「ゴールデン・スパイク」に出場したウサイン・ボルトに由来しています。これについてはウェブ上で既にご紹介済みですので、お読みになった方も多いと思います。再びドルニー・ヴィートコヴィツェに話を戻しましょう。同地区内のフルビナ鉱山その他の施設から成る一大工業地帯は、今やオストラヴァの文化基盤になりつつありますが、更にカラーズ・オブ・オストラヴァが開催される7月には、チェコ全体の文化の中心地に早変わりします。貴方も是非このフェスティバルをご自分の肌で体験して、なぜ欧州ベスト10イベントに選ばれているのか、貴方なりの評価を下してみてください。

スターの中でひときわ輝くロック・フォー・ピープル

フラデッツ・クラーロヴェーの飛行場付近一帯を、クオリティーの高い音楽ファンのテントで埋め尽くす、これがロック・フォー・ピープル(2016年7月3日~7月5日)です。このフェスティバル名は少々誤解を与えるかもしれません。依然としてロックが主役ではありますが、ここではそれ以外のジャンルの音楽も楽しむことができます。

今年7月初めにフラデッツ・クラーロヴェーを訪れるアーチストの中には、マッシヴ・アタック、オフスプリング、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ、あるいはエレクトロニック・バンド、ザ・ケミスツなどの名も。聴衆はクオリティーの高さを追求する音楽通ばかり。フェスティバルでは最高のステージが求められます。過去にここでは、リンプ・ビズキットモーターヘッド、マヌ・チャオ、トム・オデール、あるいはサーティー・セカンズ・トゥー・マーズなどが演奏、聴衆はこのレベルに慣れているのです。貴方もこの東ボヘミアの中心都市フラデッツ・クラーロヴェーで、ロック・フォー・ピープルが評判通りのレベルのものか否か、その質の高さを是非検証してみてください。

プラハのフェスティバル

プラハも夏は、様々なジャンルの音楽に沸きます。まず皮切りは6月下旬に開催されるフェスティバル「ユナイテッド・アイランズ・オブ・プラーグ」(2016年6月23日~6月26日)。ここでは幅広いジャンルのイベントの他、プラハの川に浮かぶ島々というユニークな会場も楽しむことができます。その美しさに、誰もが一瞬地中海に休暇に来ているような錯覚をおぼえます。但し背景は、これまた絵に描いたように美しいプラハの街並みなのです。

Rock for People

プラハ・フェスティバル・シーンに今年新たに加わるのが、メトロノーム(2016年6月25日~6月26日)。ここにはイギー・ポップあるいはザ・プロスティチューツなどが登場します。メトロノームのコンサート会場となるのは、プラハのストロモフカ公園です。
 
8月半ばにプラハにいて、且つエレクトロ・スウィングがお好きな方は、是非スウィング・ミー・プラーグ(2016年8月13日)にお出かけください。ここでは例えばこのジャンルにおけるフランスの大スター、キャラヴァン・パレスなどの演奏が楽しめます。このフェスティバルは、ヴェルカー・フフレ競馬場で開催されますが、同競馬場が最近創設100を迎えたこともあって、この事実はイベントに更なる文化次元を与えています。
 
プラハのバカンス・シーズン最後を飾るのは、プラーグ・サウンズ・グッド(2016年8月23日~8月24日)です。町の中心部、フォーラム・カルリーンで開催されるこのイベントには、ミレンコリン、あるいはNOFXなどが登場します。

その他の音楽イベント

この他、夏のシーズン中、会場の独特な雰囲気を売り物にした音楽祭が、ボヘミアモラビア各地の古城で開催され、チェコ国内全土に広く分布する古城、そして城館を音楽で沸かせます。特に人気のあるものとしては、例えばリベレッツのベナーツカー!(2016年7月28日~7月31日)などが挙げられます。またパンク、パンクロック、ロックンロール、ハードコア、レゲエ、スカ、ロカビリー、あるいはインディー・ロックのファンの方には、7月末にターボルで開催されるマイティー・サウンズ(2016年7月22日~7月24日)がお薦め。ここでは出演者の80%を外国のバンドが占めています

Brutal Assaultまた特に外国人観光客の方々に一押しなのが、旧要塞ヨゼフォフで開催されるユニークなメタル・フェス「ブルータル・アサルト」(2016年8月10日~8月13日)。フェスティバル自体も十分見応えのあるものですが、その前後に、例えばオポチノ、あるいはノヴェー・ムニェスト・ナド・メトゥイーなどの市内観光を加えれば、貴方の休暇は更に充実したものとなります。
 
チェコでは夏、ヒップ・ホップの週末を過ごすことも可能です。ファン必見のヒップ・ホップ・キャンプ(2016年8月18日~8月20日)は、フラデッツ・クラーロヴェー近郊の飛行場で開催されます。
Colours of Ostrava

Colours of Ostrava