プラハは緑被率が最も高い都市の1つ

プラハは緑被率が最も高い都市の1つ

公園、子供の遊び場が豊富な町 

HomeWhat's Newプラハは緑被率が最も高い都市の1つ
チェコの首都・プラハでは、市民一人当たりの緑地面積は180 m2で、フスクヴァルナ社が作成しているHUGSI(Husqvarna Urban Green Space Index)ランキングによると、プラハは世界第13位、欧州ではウィーン、ジュネーブ、あるいは北欧諸国の首都を上回り、ベスト10内にランキングされています。
チェコの首都・プラハにおいては、全面積の約56%を緑地が占めていますが、その内訳は、森林が28%、草地が27%となっています。プラハはまた平均植生健康度でも100ポイント満点で73.04ポイントと比較的高い評価を得ています。首都のみを比較した場合には、プラハはリトアニアのビリニュスに次いで、世界第2位を占めています。



隣国・オーストリアのウィーンは、世界都市別生活の質ランキングで、近年常にトップにランキングされていますが、緑被率は44%にとどまっており、プラハに大きく水をあけられています。

HUGSIランキング結果について、プラハのペトル・フルブチェック副市長は次のように説明しています。「1980年代、多くの人々が団地に引っ越しましたが、団地はどこも、コンクリートの塊がそこここに残された、味気ない空間でした。しかしながらこうした空間も時とともに整備され、比較的きれいな緑地が次第に形成されてきました。チェコの人々はこのように、自分の居住空間を自分たちの手で綺麗にしていくことに慣れているのです。こうして市内のどこでも、歩いていける距離に公園、緑地、子供の遊び場が存在するようになりました。」



HUGSI指標は、世界60ヵ国155都市を対象としたもので、その主な評価項目は、上述の緑被率、あるいは平均植生健康度、市民一人当たりの緑地面積のほか、都市の空間区分、そして森林、緑地が占める面積の割合などとなっています。

同ランキングで最もグリーンな都市に選ばれたのは、アメリカ・ノースカロライナ州のシャーロットで、その緑被率は68%となっています。また上述の、欧州で最も緑地の多い町・ビリニュスでも、緑被率は50%以上で、世界ランキングではシャーロット、南アフリカ共和国のダーバンに次いで第3位を占めています。一方総合最下位はペルーのリマで、緑被率0.21%、一人当たりの緑地の割合はわずか4m2にとどまっています。欧州内ではパリが最下位で、オランダのロッテルダム、スペインのマドリード、あるいはギリシャのアテネなども最後尾に位置しています。