パレード満載のチェコの謝肉祭のお祭り!

パレード満載のチェコの謝肉祭のお祭り!

イースター前のいわゆる断食期間はもうすぐです、体型など気にせず歌って飲んで食べて楽しく騒ぎましょう!

衣装をまとった仮面役者たちの踊りが、プラハやその他全地域で繰り広げられます。伝統的な謝肉祭パレードは、田舎や戸外民芸博物館で開催され、このお祭りはこの数年でチェコの大きい街でも見られるようになってきました。

何千年の伝統

人々は謝肉祭を祝って、今に至るまで伝統的に残るイースターまで続くクリスチャンの慣習、40日間にわたる断食を埋め合わせます。ラードを使用して揚げられたドーナツやザビーヤチカ(食肉加工料理伝統)の珍味がこの時期のごちそうです。チェコの謝肉祭の饗宴は一般的には13世紀とされていますが、伝統そのものはすでにはるか昔、異教徒の時代にさかのぼります。

東部チェコフリネツコのカーニヴァルの巡回は、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。ハムラ、ストゥドニツェやヴォルトヴァーの村々ではこの古代の慣習をはるか昔から何世代にもわたって地元住民が受け継いできます。今日までここでは仮面をかぶるのは男性だけで、仮面は250年以上変わらず同じ様相を保っています。

この謝肉祭のお祝いはロジュノヴァ・ポド・ラドホシュケムのオープンミュージーアム,でも楽しめます、ヨーロッパで最大で最古の民芸オープン博物館です。伝統的な仮面パレードやカラフルな民芸パレードに加えてここは美食家も満足させてくれます。謝肉祭の第一土曜日(2月22日)に「最高のザビーヤチカ(食肉加工料理伝統)の珍味」コンテストが開催

このお祭りシーズンそのものは、1月7日の三賢王の祝日後に始まります。最終日の定義―灰の水曜日の前日の謝肉祭の火曜日―は、イースター前の40日の断食期間の初日を計算するといった少し数学かつ天文学的な知識が必要です。これによると今年の謝肉祭は3月4日火曜日に始まります。

この謝肉祭の最高潮になる日は、「仮面道化が歩く」とされていた火曜日で今日までとてもカラフルで多様です。その中でも特に動物はとても長い伝統を持ち、キリスト教以前の時代にさかのぼります。ヨーロッパではこれら動物の仮面は中世時代、特に冬至や冬の季節に使用されました。仮面パレードは、大抵歌い、踊りそして家の人々にジョークを言いながら家から家へと回りました。仮面をかぶった役者たちは報酬として、ドーナツ、卵、燻製肉だけでなく、小麦やお金も受け取りました。

仮面の神話の世界

カーニヴァルもチェコでは百年の伝統を持ちます。プラハの謝肉祭の時期にはボヘミアカーニヴァルが開催され、公共広場、宮殿、博物館、ギャラリーや劇場で祝います。プログラムは2月20日に始まり、3月1日の土曜日にクラム・ガラスの宮殿のバロック仮面舞踏会でクライマックスを迎えます。この宮殿は建築300周年を迎え、また最初にプラハにカフェがお目見えして300年を迎える一環としても盛り上がります。もうご自分用の仮面を準備されましたか?