カレル4世生誕700年‐皇帝が崩御するとき

カレル4世生誕700年‐皇帝が崩御するとき

チェコ共和国は、自国で最も慕われる統治者の生誕から700年の機会に、彼の死についても触れます。

十一月 30 2016 - 三月 26 2017
Home体験したいことカレル4世生誕700年‐皇帝が崩御するとき
チェコ音楽博物館は「皇帝が崩御するとき」という展覧会を行い、チェコで最も愛されている君主である王・皇帝のカレル4世の死と葬儀に目を向けます。プラハを繁栄させ皇帝の権威に適当な町としただけでなく、他にも国内の多くの町を繁栄させました。彼の功績をチェコ人は現在も評価していますが、14世紀でも彼を尊敬していたのです。伝説によれば、彼の葬儀の告別の辞において初めて彼に対し祖国の父という言葉が使われたといい、21世紀の現在にもカレル4世の愛称としてこの表現が用いられています。
展覧会はカレル4世の葬儀と哀悼の儀式のつながりを紹介します。また中世社会における死と臨終に対する態度にも迫ります。国民博物館 所蔵の展示品は他の機関や個人所蔵から賃貸された展示品によって補足されます。展覧会の中心となるのは、14・15世紀の重要な物質的文化遺産によって形成されます。展示品の中で特に重要な一連の展示品は、カレル4世が埋葬されている聖ビート大聖堂内の王家の墓から発見された中世の埋葬衣装の布のコレクションでしょう。

展覧会にはカレル4世の遺骨を運んだ葬列の通り道が見学道として設定されており、内容が更に豊かになっています。