ズヴィーコフ城

ズヴィーコフ城

戦略的交易路上、ヴルタヴァ川とオタヴァ川の合流点に建てられた初代ボヘミア王たちの居城。国民に愛された王カレル4世による14世紀の治世下で最大の名声を得ました。

カレル4世はこの城の滞在を好んでおり、完全なる改修も行いました。カルルシュテイン城が建設されるまで、チェコの戴冠宝器はズヴィーコフ城が保管されていました。20世紀、ダムの建設により、城下の高い壁と城を守っていた集落がダムの下に沈み、この城の古い歴史は締めくくられました。

訪れる理由

非常に珍しい構造の巨大な住居塔は、この城の要塞の要です。黒く四角い石を積み上げた3メートルの厚さの壁は、打ち付けられた刃でさらに強化されており、投石機で打ち込まれた石や火器も滑り落ちてしまうため深刻なダメージを受けることはありませんでした。また、中世初期の三十年戦争中にも奪われることはありませんでした。
塔の石壁の下から11段目には神秘的なシンボルが刻まれており、これにより城が守られたとミステリー愛好家たちの間では言われています。このシンボルはルーン文字に非常に似ていますが、歴史家たちは城の建設に携わった石切り職人によって付けられたものであると考えています。真実はいかに?