チェコを歩く―真剣なハイカーにも、時々楽しむハイカーにも、最高のお勧めの場所

チェコを歩く―真剣なハイカーにも、時々楽しむハイカーにも、最高のお勧めの場所

チェコ共和国は、世界で最もよくできているハイキング用標識がある国のうちのひとつだということをご存知ですか?

チェコ共和国では、いやそれどころか他のヨーロッパでも、チェコ人といえばミュージシャン、という言い方をします。でも、チェコ人といえばハイカー、という言い方がされてもいいところです。なぜでしょう?なぜなら、チェコでは数世紀に及ぶハイキングの伝統があるからです。チェコの山々、岩石都市、深い谷、さらには深い森といった美しい自然が、長いあるいは短い散歩へ誘うからです。自然の中で方向を認識することができるかなんて心配は要りません―チェコ共和国のハイキング用標識は、世界でも最もよくできたもののうちの1つなのです。
既に19世紀の終わりには、チェコ共和国で初めてのハイカー向けの標識が置かれました。そのときからハイキングコースは、間に若干の時間を置いたものの、拡大していっています。現在、これまで未踏の地であったプルゼニュ近隣の元軍隊演習地ブルディに、ハイキング用標識を整備し始めています。しかし、チェコ共和国内にはハイキング・エバーグリーンも存在します。いまから皆さんにその詳細をご紹介いたします。

“自分の力で”のみ、美しさを発見できる場所に出かけてください...

山の尾根に沿って

チェコの山脈で最も知られているのはチェコ共和国とポーランドの国境に横たわっているクルコノシェです。ここでハイキングの標識にしたがって歩いたら、数週間はかかるでしょう。決して飽きる心配はありません!しかしここで私達は皆さんに、クルコノシェ・エバーグリーンである2つのコースをご紹介することにしましょう。

1つ目は、チェコ共和で最も高い山の山頂、つまりスニェシュカの山頂へと続くものです。スニェシュカへは、美しいパノラマの景色が広がるオブルジー・ドゥールを通ってゆくことができます。自分の体力を信用できないという人は、ペツ・ポド・スニェシュコウから出ているロープウェーに乗って頂上へ行くこともできます。

クルコノシェは、もう1つの象徴的な場所であるラベ(エルベ)川の源泉でも人々をひきつけています。東ボヘミアから北ボヘミアを流れる川は、更にドイツを横切って北海へと抜けてゆきます。その源泉がラベ平原にあるのです。そちらへ行くなら、シュピンドレルーフ・ムリーンそばにある、スポーツの中心地として有名なホルニー・ミーセチキを訪れることもできます。体力に自身のないハイカーはここから、ロープウェーで目的地に近づくことができます。

高山ハイキングをよく知る人々なら確実に、チェコ共和国内ではイエセニーキのコースをお勧めするはずです。ここは全国で最も美しい場所といわれています。チェコ共和国の西側ではまた、クルシュネー・ホリで、高価な金属を追い求めた人たちの足跡を追うことができます。

穏やかな風景の中、ワインを求めて

チェコ共和国のハイキング・コースについての本があるとしたら、独立した1章としてワイン畑の中にあるコースを取り上げることができます。南モラヴィアの穏やかな風景の中を歩くことは、ドラマチックな高山ハイキングとはまるで正反対と言ってもいいでしょう。パーラヴァを行く徒歩での小旅行は、あなたをワイン産業の首都であり、地域の目印であるスヴァティー・コペチェクを擁するミクロフへと導きます。他のコースをゆけば、ロマンチックな城跡、孤児の城へと行き着きます。散歩中は南モラヴィアの暖かな雰囲気と、もちろん、どこかのワインセラーで味わえる美味なワインがあなたと共にあります。

川と湖と共に

もしチェコ共和国の南に向かうなら、 シュマヴァの、絵のように美しい谷や深い森に出会うでしょう。ここでも、あなたが数時間を過ごすことができるような、数十箇所のハイキングコースをお勧めすることができます。例えばチェルネー湖とチェルトヴォ湖への遠足はちょっとした経験となるでしょう。双方とも、車では到達できない森の奥深くに隠されており、 あなたは自分の力でその美しさを見出しに行かねばなりません。

ヴィドラ川周辺のコースをご紹介したいので、まだもう少しシュマヴァに留まりましょう。その穏やかな流れは突然、石と滝が続く劇的な姿に変わり、シュマヴァの美しさを知るのによい旅の道連れとなります。

モラヴィア・カルストにお出かけになれば、特別な経験ができること請け合いです。鍾乳洞近辺を歩いたり、チェコ共和国で最も深い渓谷、マツォハを目指したりすることもできます。例えば地下河川のプンクヴァを船でいくことで、小旅行をもっと素晴らしいものにできるでしょう。

奇岩群

奇岩群ほど、神秘的な美しさを備えた自然の景観は少ないでしょう。チェコ共和国内では、これをいくつかの場所で目にすることができます。東ボヘミアアドルシュパフ奇岩群 での散策は魅力的です。チェコとドイツの国境付近に広がる、人気の地域ボヘミアン・スイスにある欧州 最大の砂岩の門には、軽いハイキングで到達できます。離れがたい独特の奇岩群はプラホフスケー・スカーリも同様で、保護景観地域であるチェスキー・ラーイの一部でもあります。
 

知られていない観光地へ

ハイキングによって、例えばオロモウツの知られていない顔を発見してみてください。この歴史的な町を、大抵の人たちはUNESCOの世界文化遺産指定を受けている、モラヴィアのバロック様式の真珠として認識しています。しかし、町の軍事的な歴史を知る人は少ないのです。これを知ることができるのが、町が創設された当初に建設され、16世紀から19世紀に最も栄えた、オロモウツにも要塞が存在した時代を示す観光地へのハイキングです。

ハイキングには、北ボヘミアも理想的です。ここでは例えば、ロマンチックな城、 ココルジーン やベズデェスを見出すことでしょう。ヴィソチナの美しい風景のほんの片隅には、例えばボヘミアとモラヴィアの境界に位置するカラシーン展望台もあります。
n-where-to-go-on-foot