イースターの食事

イースターの食事

イースターの食卓に欠かせないもの

イースターの食事
イースターは、厳格な断食と豊潤という2つの反対概念が共存する時期。断食はイースター開始まで続けますが、その後その真逆状態に入ります。春の祭日・イースターは、伝統的に数えきれないほどの料理で祝うものなのです。食べ物は地方ごとに異なり、そのギャップの大きさに驚くこともしばしば。但し中にはチェコのほぼ全土で共通しているものもあります。
チェコのイースターを食事という観点から見てみると、イースターの期間食卓に欠かせないものに関する規則、あるいは地方の習慣が実にたくさん存在することがわかります。

まずは、イースター前の最後の水曜日に当たる腹黒い水曜日から始めましょう。この日は「イダーシェ」と呼ばれるパンを焼きます。焼いた直後表面に蜂蜜とバターを塗るのが定番となっているこのパンは、縄を巻いたような形をしていますが、これは裏切り者のユダ(「イダーシュ」はユダのチェコ語名)が首を吊った縄を象徴しています。イダーシェは、聖木曜日の朝に食べるのが習慣となっていますが、チェコ語でゼレニー・チトヴルテック(緑の木曜日)と呼ばれるこの日はまた、その名の通り何か緑のものを食さなければならないとされています。ほうれん草が嫌いという人は、グリーン・サラダを作っても良いですし、ブロッコリーを茹でて食べるのも良いでしょう。またこうした習慣を無視しがちな人も、俗に「ゼレナー(グリーン)」と呼ばれる緑色のペパーミント・リキュールを飲むことにより、辛うじて習慣を守っているようです。



聖金曜日は、キリストが磔刑にされた日のため、キリスト教国ではどこでも飲食を控えることが求められています。断食は、土曜日の真夜中から始まる復活の祝いの時まで続けます。断食を守れない人ももちろんいますが、そういう人も、伝統への敬意を表して、せめて肉ではなく魚を食べるようにします。チェコでは伝統的に魚と言えば鯉なので、以前は、クリスマス前と同様に、イースター前も町中でたらいに入った鯉が売られていたものでした。また鱒を好んで選ぶ人もいますし、魚が嫌いという人は、肉のないベジタリアンメニューを選ぶことにしています。



聖土曜日は、非常に忙しい日です。マザネッツと呼ばれる甘いパン、そして一層甘い、羊の形をしたスポンジケーキ(ベラーネック)を焼きますが、後者は日曜日の食卓に子羊のローストが供されない場合のみ用意されます。スポンジケーキは、お肉が出せない貧しい家庭でせめてもの代わりとして作られたものなのです。このイースターの羊形スポンジケーキは、キリストの犠牲を象徴しています。焼き上がったスポンジケーキを羊の型から出した後、目の部分にレーズンを入れて、まだ温かいうちにバニラシュガーをふるいかけ、さらにチョコレート・ソースをかけます。そして首の周りに鈴のついたリボンを巻いて出来上がりです。マザネッツは、丸い形に焼いた甘いパンで、ヴァーノチカと呼ばれるやはりチェコの伝統のパンとよく似た味がします。

イダーシェ、マザネッツ、そして羊形スポンジケーキの作り方は、以下にご紹介するレシピをご参照ください。

Czech Easter Buns (Jidáše AKA Juda’s Rope) (czechspecials.cz)
Sweet Easter Bread (Mazanec) (czechspecials.cz)
Easter Lamb Sponge Cake (Beránek) (czechspecials.cz)



さらに聖土曜日には、教会から戻った後、ロールパン、卵、燻製肉、そしてイラクサから作る、俗に「フラヴィチカ(小さな頭の意)」と呼ばれるイースター・スタッフィングを食べる習慣がありました。

Easter stuffing (nádivka) (czechspecials.cz)

キリスト教徒にとって最大の祝日は、何と言ってもイースター・サンデー(復活祭)です。この日は食卓も最も豊潤な日となります。まず前菜として、新しい命の象徴の卵が、ゆで卵の形で出されます。そしてメインには子羊、あるいは子ヤギ肉のグリルが供されますが、子羊が苦手という人は、子牛のグリルあるいは若鶏+スタッフィングを選ぶこともできます。

イースター・マンデーは、ポムラースカ(柳の若枝で編み、リボンで飾られた鞭)の日。男性が歌を歌いながら、女性を鞭で軽く打ち、その瑞々しさが失われないように願います。女性はそのお返しに、彩色した卵を渡します。このイースター・エッグ、なぜ色が着けられているか、貴方はご存知ですか? 一説によると、40日間の断食の間、卵を食してはならなかったため、卵が腐ってしまわないように固ゆでにしていたのですが、この固ゆで卵と生の卵と区別できるように、着色するようになったということです。ちなみに20世紀初頭までは、卵は赤く染めるものと決まっていました。赤色が愛を象徴していたためです。

イースター・スタッフィング 

材料: 
燻製肉800 g
ロールパン(角型パン)8本、あるいはフランスパン1本 
卵8個 
牛乳250 ml
塩、コショウ 
ナツメグ 
お好みのハーブ(イラクサ、パセリ、チャイブなど)
ラード、パン粉(オーブン天板用) 

作り方:P
1. 燻製肉を茹で、冷ました後に角切りにします。
2. ロールパンあるいはフランスパンを角切りにし、大きめのボールに入れます(①)。牛乳に卵黄を落とし、よく泡立出た後、塩・コショウして、すりおろしたナツメグを少々入れます(②)。①に②を流し入れ、パンによくしみ通らせた後、これに燻製肉、細かく切ったハーブを加えて、よく掻き回します。ここに更にメレンゲを加えて、混ぜ合わせます。
3. オーブン天板にラードを塗り、パン粉をふり入れてから、生地を流し込みます。オーブン温度を200度に設定して、黄金色になるまで、35~40分焼きます。