チェコでの休暇にインスピレーションを与える10冊の本

チェコでの休暇にインスピレーションを与える10冊の本

主役だけでなくチェコも役割を担っている本について。

Homeニュースチェコでの休暇にインスピレーションを与える10冊の本
これら10冊の本は、絵のような町、ロマンチックな風景やチェコ共和国の人を引き付ける歴史にインスピレーションを得ています。それらの本のテーマには違いがあり、読者を考慮して、ファンタジー、風刺や刺激的な筋で書かれていますが、1つの点で共通点があります―著者はチェコ共和国に魅了されているのです。私たちからの注意事項を意識してください;ここに推薦される本を読んだ後は、チェコにすぐに行きたくなる抗いがたい欲求を感じることでしょう。

1.ミラン ・ クンデラの「堪えがたい存在の軽さ」

 
作品よりもさらに著名な作家が書いた有名小説は、プラハの春(1968年)の時代を舞台としており、この激動の時代の知的・芸術生活、そして4人の主役と1匹の犬の間に繰り広げられる濃密な関係が描かれています。

2.フランツ ・ カフカの「審判」

 
著名な作家フランツ・カフカはプラハに生まれ、ジェネレーションを超えて多くの作家たちにインスピレーションを与えるより以前に、彼自身がこの都市にインスピレーションを得てきました。自ら言っているように、プラハがあなたを捉えたらもう離さないのです。カフカはプラハの街の神秘性を見出す点で特別な感覚を持っていました。これは、彼の恐ろしい小説「審判」でも表現されています。

3.グスタフ・ メイリンクの「ゴレム」

 
このミステリー小説の舞台は、19世紀末、失われつつあるユダヤ人街の入り組んだ通りです。主人公は自らの過去を明らかにしようとし、それと同時に命の危険にさらされます。

4.ウンベルト・エーコの「プラハの墓地」

 
ドラマ、冒険、そしてあまり感心できない主人公。これがウンベルト・エーコの素晴らしい小説の柱です。もしプラハに魅了されるだけでなく、素晴らしい芸術作品にも魅了されたいなら、この本を読むべきです。

5.ヤロスラフ ・ ハシェクの「善良な兵士シュヴェイク」

 
チェコ共和国の歴史とその国民性に興味があるなら、「善良な兵士シュヴェイク」は適当な本です。第一次世界大戦を背景に、ある兵士の生活をブラック・ユーモアで描く作品は、汚職・猜疑心・社会の退化を容赦なく表現しています。

6.マイケル・シェイボンの「カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険」

 
マイケル ・ シェイボンがピューリッツァー賞を獲得した小説は、ナチス占領下のプラハから、ユニークなコミックスを生んだ2人の主人公が結び付いた、ニューヨークへと読者を案内します。

7.アンジェロ・ マリオ ・ リッペリーノの「マジカル・プラハ」

 
イタリア人作家、リッペリーノのエッセイ「マジカル・プラハ」は、愛とインスピレーションによって生み出されました。著者はヴルタヴァ川河畔の町がもつ様々な美しさ、メランコリー、ミステリーに敬意を表しました。アンジェロ・マリオ・リッペリーノはプラハを愛していたため、1968年のチェコ占領を激しく非難し、その結果として愛する町に2度と戻ってきませんでした。

8.ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「隠れた奇跡」

 
劇作家ヤロミール・フラディークは、ナチス占領下のプラハで逮捕されます。彼はユダヤ人だったうえに、ナチス ・ ドイツへのオーストリアの連合に強く反対しているためです。これが、彼を処刑する理由です。処刑される寸前に、予期しない奇跡が起こりました…

9.マリウシュ・シュトゥゲウの「ゴットランド」

 
欧州で最も成功している調査能力の高い記者の1人は、次のターゲットにチェコ共和国を選び、その秘密を暴くためにチェコを訪れました。手に汗握る小説「ゴットランド」は、チェコへの空の旅のお供に最適です。

10.フィリップ・ロスの「プラハの乱痴気騒ぎ」

 
ユダヤ人殉教者によって書かれた失われた手記を求めて、アメリカ人作家が1970年のプラハを訪れます。共産主義国家での困難な旅の間に、予想しなかった事実を知ることになります。
e-books-to-read