11月にちょっと変わった体験を‐神経のずぶといあなたのために

11月にちょっと変わった体験を‐神経のずぶといあなたのために

チェコの秋はおとぎ話のように美しい、とは限りません。あなたを恐怖でおびえさせることもあるのです。

Homeニュース11月にちょっと変わった体験を‐神経のずぶといあなたのために
チェコで普通の観光客とは全く違う体験ができます。まさに11月がその月です。公園の秋を散策したり、温かいスープを飲みながらレストランでおしゃべりしたり、哀愁を感じさせる霧の中で名所を撮影したりするだけがプラハではありません。チェコのちょっと珍しい一面を見れるイベントをご紹介します。その一つが、観客の度胸試しフェスティバルです。ちょっと(むしろかなり)変わった映画体験をしてみませんか?

プラハで体験する恐怖と嫌悪感

プラハのジシュコフにある映画館アエロでは映画の前に度胸をもつためのショートドリンク(強いアルコール)が出されます。観客の度胸試しフェスティバルでは、度肝を抜く、恐ろしい、恐怖で凍えるようなショットを用意しました。もう2度とごめんだと思われるかもしれません。それでは終わりません‐というのも主催者は映画の上映中、観客の度肝を抜くインタラクティブなスクリーンを準備しているのです。終わりのタイトルが場違いにもサッカーの試合を録画したビデオで中断されたとしても驚かないでください。映画の前に例のショートドリンクを飲み平静になってまず度胸を鍛えてください。言葉の壁は問題になりません。英語版のスクリーンも用意されています。

プラハとブルノのナイトツアー

プラハは夜も楽しめます。平日にも賑わうバーやレストランだけでなく、プラハのベストスポットを夜に満喫できるのです。セグウェイでめぐるプラハの街、また写真の撮影方法を学べるセミナー散策では、地元プラハの隠れスポットやその独特のムードのベストショットを取る方法を教えてくれます。暗闇の中の旧市街,、プラハ城カンパは日中とはまた全く違った顔を見せてくれます。その中には夜に最高の姿を見せてくれる場所もあります。例えばクシージコヴァの噴水とその素晴らしいパフォーマンスです。歴史的中心街の夜の散策はブルノでも同様にお楽しみいただけます。最も有名な史跡にちなんだ面白い発見や伝説に驚かれるでしょう。

プルゼニュの地表の下で

地下貯蔵庫、トンネルや井戸の迷宮にご興味ありませんか?陳列されたディスプレイやプルゼニュの中世の生活を紹介したエキスポジションを、表面で見るよりもっとよく知ることができるかもしれません。かかとの高い靴はお勧めできません。温かい服装に安全ヘルメットを装着してください。プルゼニュの秋のナイトツアーでは、数か国語で話すオーディオガイドがこの町の伝説を語ってくれます。18歳以上のお客様は見学後いわゆる「ビールチケット」-クーポンをもらえ、指定されたプルゼニュのレストランで有名なラガー、ピルスナー・ウルクェルをご賞味いただけます。