チェコ共和国 - 安全な国からの観光客に青 信号

チェコ共和国 - 安全な国からの観光客に青 信号

子供の頃、夏休みが待ち遠しかったこと、そして夏休みが始まるまでの日数を数えたことを 覚えていますか? もう数える必要はありません!だって休暇はすぐやってくるから。チェ コ共和国は、EU諸国からの旅行に対する措置を緩和しました。やっと休暇を計画すること ができます! 各地の史跡や、中世の城、バロック様式の城、自然保護区への旅行をお楽し みいただけます。
6月15日以降、緑ラベルの付いたEUまたはシェンゲン加盟国からは、観光客としてチェコ
共和国に入国ことができます。 国境での陰性証明の提示や検疫は不要になります。 マップ
上のオレンジまたは赤ラベルが付いた国から来た場合は、国境でのテストが必要です。 各
国のラベルの色は、チェコ保健省により新型コロナウイルスに関連するリスクに従い分類さ
れています。

マップの確認

緑 – 低リスク
アンドラ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、 サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、スイス、バチカン

緑 – 低リスク 非ヨーロッパ諸国
日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、韓国、タイ、チュニジア


下記の国からチェコ共和国に入国する外国人は、PCR検査を受けている必要があります。

赤 – 高リスク
ルーマニア、その他すべての国

チェコ国民及びチェコへの長期滞在許可を有する外国人は、赤ラベル(高リスク)の国から
帰国時にのみPCR検査の結果を提示する必要があります。旅行者が検査結果を入手できない
場合は、検疫する必要があります。

規制:

マスクの着用義務:
-100人以上のイベントがある場合は建物内(飲食時を除く)
-プラハの地下鉄システム
-一部の地域

チェコ共和国政府による新型コロナウイルス感染症対策情報:

現在の状況
現状

現在の状況


ホテル、レストラン、ショップ、両替所、観光案内所がオープンしています。 営業については制限が課されており、顧客とスタッフの双方を保護する対策を講じています。タクシーも利用可能です。

マスク、防塵マスク、保護手袋は、薬局や一般的な医療施設で購入できます。

航空路線は徐々に回復しています。 プラハのヴァーツラフ・ハヴェル国際空港のウェブサイト またはブルノ空港 で最新情報をご覧ださい。

城、城館、博物館、ギャラリーは一般公開されています。 チェコ共和国の14の地方それぞれで, ユネスコのリストに掲載されている城や城館などの史跡を訪れることができますチェコ国立文化財研究所のウェブサイトで最新情報をご参照ください。  
屋内では、フェイスマスクを着用し、他人との距離を最低2メートル保つ必要があります。 消毒剤は各所にて入手可能です。

インフォボックス–新型コロナウイルスと疾患
新型コロナウイルス感染症の症状(息切れ、咳、37度を超える体温、筋肉の痛み、頭痛、疲労感)がある場合は、EU共通緊急通報用電話番号112番に電話し、医療スタッフ(英語、ドイツ語、フランス語)に状況を相談してください。PCR検査は有料で、その最大価格はCZK 1,756(65ユーロ)です。

外国人は以下の医療施設で検査を受けることができます:
プラハ軍事大学病院  
Bohunice大学病院(ブルノ) 
オストラヴァ大学病院  
または国際情報ライン112に電話をしてください

大使館からの情報

観光客の入国条件詳細については、出発予定国の大使館のウェブサイトをご覧ください: