チェコのクリスマスプレゼント

チェコのクリスマスプレゼント

チェコではもうずいぶん前から、お土産は趣味の悪い非実用的なものでなくてはならないという概念はなくなっています。チェコの伝統から、クリスマスプレゼントへのインスピレーションをつかんでみませんか。

チェコでは旅の思い出に、美しいもの、美味しいもの、実用的なものを購入することが出来ます。あなたの家族や友達に、チェコのお土産をクリスマスプレゼントにしたとしても、恥を書くことはないでしょう。どうしてかって?チェコのお土産の質が悪く、まがいもので何にもつかえない、という時代はとうの昔に過ぎ去っているからです。クリスマスを前に、チェコのどこでも買えるけれども、国内のある地域に結びつきの深い、チェコならではの製品をご紹介しましょう。

子供むけ?クルテチェク

クルテチェクの童話はチェコの子供なら誰でも知っています。チェコを訪れた多くの観光客が、ぬいぐるみ、木製、鉄製、プラスティック製、マジパン、あるいはペルニーク出てきたクルテチェクを、自分用あるいは子供のお土産として購入してゆきます。木製のクルテチェクはチェコのDetoa社のものです。Detoa社はクルテク(Krtek: もぐら Krteček/クルテチェク:もぐらちゃん。アニメのキャラクターは愛情をこめてクルテチェクと呼ぶことのほうが多い)のキャラクターを木製で作るためのライセンスを持つ、唯一の企業です。クルテチェクは小さなチェコのヒーローで、オリジナルなものです。芸術家、ズデニェク・ミレルがクルテチェクを初めて世に送り出したのは1957年のことでした。彼のキャラクターは、かわいいから人気者になっただけではなく、アメリカのウォルト・ディズニーが描いたのとは違う数少ない動物キャラクターのひとつだったのです。クルテチェクは60年あまり経った現在でも年金生活にはいる気配もなく、中国ではパンダとの冒険をする予定でいます。

チェコの様々な場所で取れた原料による化粧品

人気のあるチェコの化粧品会社はマヌファクトゥラ (Manufaktura)です。1990年代に新鮮なグリセリン石鹸製造の伝統と結びつき、その当時から製品のラインナップを数十種類に拡大させ、高品質な化粧品を生産し続けています。ラインナップが拡大しても、チェコの伝統を失うことなく、生産にはモラビアのワイン、カルロヴィ・ヴァリの吹き上げる源泉で取れる塩、薬草あるいはビールを利用しています。しかもマヌファクトゥラはチェコ企業として初めて、動物実験をしていない化粧品としての世界的な認証HCSを得ています。他にも、質の良いオリジナル化粧品を提供している、チェコ発祥の企業があります。原料生産者との間に密接な関係を築いているボタニクス(Botanicus、プラハから遠くない5つ干しホテル向けに生産をしている、高級指向のシャトー・ムツェリ(Chateau Mcelyリオル(Ryor社の製品はどのドラッグストアでも購入できます。

王侯、皇帝、大統領向けクリスタルガラス

四方に輝きを放ち、グラスを合わせれば高級感ときらきらとした装飾品を思い起こす音が鳴り響く、そんな最高級のクリスタル・グラスを想像してみてください。想像しましたか?だとすれば、そこには西ボヘミア、カルロヴィ・ヴァリのクリスタルがあるはずです。当地のガラスメーカー、モーゼルはそんなクリスタル・ガラスをオーストリア・ハプスブルク帝国の時代から生産しています。同社の創設者ルドヴィク・モーゼルは、全帝国で最高のクリスタル生産者として名を馳せていました。後年、モーゼルのクリスタル製グラスでイギリス女王、日本天皇、アメリカ・ロシア大統領が飲み物を飲み、スペイン王子も結婚式の場に利用しました。

チェコ北部からの美とエレガンス

エレガントなジュエリー、卓越した技で作られたアクセサリー。これらはイーゼラ山脈のふもとを産地とします。この地方を拠点とするプレチオーザ(Preciosa)社は、その製品で世界的な名声を得ています。クリスタル製のジュエリー、上品な指輪、あるいはクリスタル製のプレゼント、デコレーションなどを生産しています。人気製品は飾り付けされた爪やすりでしょう。チェコ北部でのジュエリー生産の歴史は数百年に及ぶため、美しいものを購入するというだけでなく、歴史のエッセンスも手に入れることになります。

美味しいものはいかが?

美食家向けに西ボヘミアに戻りましょう。ガラスや陶器以外に、温泉地域パリッとしたウェハースベヘロフカ(Becherovka)で有名です。カルロヴィ・ヴァリやマリアンスケー・ラーズニェを散歩すれば多分、ナッツやシナモン風味のクリームが入った、まん丸なウェハースを味わうことになる人に出会うことでしょう。このお菓子は、箱入りで持ち帰ることもできます。

他に世界的に有名な西チェコの製品は瓶入りで、やはりお土産に持って帰ることができます。薬草リキュールのベヘロフカは、沈静作用と消化作用のおかげでカルロヴィ・ヴァリの効能ある源泉のひとつと数えられるほどです。カルロヴィ・ヴァリの薬剤師ヨセフ・ベヘルが1794年に生産をはじめた時から、家族でのお祝いに食後酒として愛飲されています。

ディティールに潜むスタイル

落とし穴は小さなところに潜んでいる。これは良く知られたことです。このようなディティールは、例えば気の利いたスタイリッシュなペンにもあることは容易に想像がつくでしょう。チェコ南部には1790年から文房具を造り続けているコヒノール(Koh-i-noor Hardtmuth )社の工場があります。創業以来、すばらしい評判を勝ち得てきました。門外不出の製法をもつ水彩色鉛筆は、他社の追随を許しません。1500番のグラフィック用鉛筆はこの手の製品では世界で最も好まれています。また、クリスマスのプレゼントにはぴったりの高級万年筆も生産しています。オーストリア・ハプスブルク帝国の役人たちの書類への署名は、コヒーノルのペンを利用していたのです。