ビールとビール工場

ビールとビール工場

Home体験したいこと食文化ビールとビール工場
ビールとチェコ共和国は切っても切り離せない組み合わせです
チェコのビールと言えば、その名声はチェコの国境を遥かに超えて響いています。そして、ビール愛好家にとっては、世界中で一番美味しいラガービールの同義語にもなっています。何故なら、 ピルゼンで作られているピルスナー・ウルケルチェスケー・ブジェヨヴィツェブドワイゼル(バドワイザー)プラハの近くで作られているコゼル、あるいは 中央ボヘミアクルショヴィツェというブランドを知らないビール愛好家は、いらっしゃらないでしょう。要するに、ビールは、チェコの各所に息づいている伝統的なアルコール飲料なのです。ちなみに、一番人気のあるビールの種類(ピルスナー型の「下発酵型」ビール)は、ピルゼンで生み出され、その発祥地の地名を名乗って、「ピルス」と呼ばれています。チェコのビール工場は、その数400を超え、世界各国に輸出する大手メーカーもあれば、家族会社として運営され多様なビールを作っている小規模のものもあります。チェコの美味しいビールは、本物のパブや有名なレストランでいくらでも味見して頂ける他、直接、ビール工場へ 見学に行ってみませんか。そして、このいわゆる「黄金の飲み物」を五感で味わいたい方に、いくつかの「ビール温泉」もチェコ国内に用意されています。