サウナとリラクゼーション

サウナとリラクゼーション

リラクゼーションの世界に入るには、お好みの温泉あるいはウェルネス・センターを選ぶだけでOK。あとは周囲に身をまかせればよいのです。

Home体験したいことウェルネス&スパサウナとリラクゼーション
現代生活スタイルの一部となっているサウナ、スチーム・スパ、マッサージは、実際には太古の昔から、心身のリラクゼーション、そして治癒を助けてくれる要素として常に重宝されてきました。暖かい、乾燥した空気は体と精神を温め、洗い流してくれますし、マッサージは疲れた筋肉をほぐしてくれます。

 サウナは、チェコでは他の欧州諸国のような長い伝統こそありませんが、この効果的なリラクゼーション・健康強化法は、過去数十年の間に、国内の大規模なウェルネス、温泉ケア付きホテルほぼ全てで、欠かせない存在となりつつあります。中でも最高、最良、あるいは特にユニークなサウナを、以下にご紹介いたしましょう。

ツェドルス・スパ サウナの世界

 東ボヘミアパルドゥビツェ近郊にあるユニークなサウナの世界で、思いっきり贅沢してみませんか? このサウナの主要コンセプトは、サウナ原点への回帰。ここではプライベート・サウナ、屋外冷水プール、サウナ・バー、バニャ(ロシア風サウナ=室温はフィンランド式サウナより低いが、湿度は最高40%に達する)、スチーム・スパ、アイスサウナ、クナイプ・パス(玉石敷の小道を通って、熱い湯と冷たい水の入ったプール内を交互に歩く)など、様々な形のサウナをお楽しみいただけます。また今日では既に珍しい存在となっている、サウナ内薪暖炉も体験することができます。

ヴェルケー・カルロヴィツェのホテル・ホラル

 スタイリッシュなマウンテン・ホテル「ホラル」は、典型的なヴァラフ地方山麓の谷間、ベスキディ自然保護区の森と野原に囲まれた土地にあります。このホテルの特徴は、ウェルネスによる総合的リラクゼーション。ホテルの敷地内には温泉プールが並び、またメイン・テラス下には、2つの階に分かれたサウナ・ワールドが見られます。ここでは、ユニークなサウナの儀式が体験できるサウナ「ドーム」や、ハーブ・サウナ、ハーブ・スチーム・スパ、テピダリウム(室温38度のドライ・リラクゼーション・サウナ)などがお楽しみいただけるほか、貴方のリラクゼーション、そして身体抵抗力促進用に、クナイプ・パスもご用意いたしております。

「アクアパレス」スパ・センター

 プラハ近郊のアクラパレスは、チェコ国内最大のウェルネス・センターの一つ。自然の恵みの感触を楽しみながら、業界トップ・クラスのプロフェッショナル・スタッフにゆったりと身体を委ねてください。「サウナ・ワールド」では、オーソドックスなフィンランド・サウナ、ローマ風呂(低温で湿度の高いトルコ風温泉)、あるいは北欧風ロッグキャビン、ロシア風サウナなどなど、ありとあらゆる種類のサウナをお試しいただけます。

ホテル・ステップ・プラハのサウナ・センター

 プラハ・ヴィソチャニ地区のホテル・ステップの自慢は、サウナ、ウェルネス・センター。サウナは屋内、そしてホテル屋根の上、屋外にも位置しており、特に冬季、零下の気温の中のサウナ後にのみ味わうことのできる、独特のリラックス感を得ることができます。ウェルネス・センターは、年中9時から23時まで営業、ここではスイミング・プール、ジャグジー、ハーブ、ソルト・エッセンス入りスチーム・スパ、フィンランド・サウナ、トロピカル・サウナ、ハニー・サウナ、サウナ・ログハウス、そして完璧なリラクゼーション用暖炉付きサウナなどをお試しいただけます。

プラハ号の温泉

 チェコは新しい形のサウナのみならず、ちょっと変わった場所にあるサウナも提供しています。冬季、プラハの中心地では、船の上でフラッチャニを眺めながら、サウナを楽しむことができるのです。船の温泉では、サウナからヴルタヴァ川に飛び込むことも可能です。プラハ城を望みつつ、氷のように冷たい水の中数回ストロークしてみるのもオツなもの。但し船上サウナは小さいので、すぐにいっぱいになってしまいます。よって遅くとも数日前までには事前予約しておくことをお勧めいたします。