トワイヤン:夢見る反逆者

トワイヤン:夢見る反逆者

ここでは、時代の象徴となったチェコ人画家、マリエ・チェルミーノヴァー、別名トワイヤンの国際展覧会プロジェクトをご紹介いたしましょう。

四月 9 2021 - 八月 22 2021
Homeトワイヤン:夢見る反逆者
トワイヤンは、20世紀のチェコ人芸術家としては、最も独創的、そして最も有名な人物で、1947年以後移住したフランスでも成功を収めています。その独特な作風、そして奇抜な人生観により、トワイヤンの作品、および画家自身に対する関心は世界中で益々高まっていますが、これらを総体的に観察する機会はこれまであまりありませんでした。
国際展覧会プロジェクトは、プラハ国立美術館ハンブルク美術館、そしてパリ市立近代美術館 ⁠⁠の3つの権威ある博物館の協力により実現するもので、トワイヤンの作品を最も包括的な形で紹介すること、そして3つの展覧会、および4カ国語の詳細なカタログを介して、ヨーロッパの一般の人々にトワイヤンを広く知ってもらうことを目的としたものとなっています。

最初の展覧会は、プラハヴァルトシュテイン乗馬場で開催されます。この展覧会はトワイヤンの各作品の意義に基づき、時系列にいくつかのセクションに分割されており、また同時に、例えばエロティシズムや錬金術などといった、画家の作品全体に共通する重要なテーマが強調されています。ここではまた絵画、スケッチのみならず、イラスト作品も公開されます。さらにトワイヤンとプラハ、あるいはパリのシュルレアリスム仲間との交流にもスポットが当てられていますが、このグループにはインドジフ・シュティルスキー、インドジフ・ハイスレル、アンドレ・ブルトン、バンジャマン・ペレ、ラドヴァン・イフシチ、アニー・ル・ブランなどの画家、作家が属していました。

展示作品はいずれも、チェコ国内および他の欧州の美術館、および個人のコレクションから借り出されたものです。

 

住所

Waldstein Riding School
Valdštejnská 3
Prague 1