プラハの春国際音楽祭

プラハの春国際音楽祭

世界的に有名なマルチ・ジャンルのフェスティヴァルであり、チェコ共和国で最大の音楽の祭典。

五月 12 2022 - 六月 3 2022
プラハの春国際音楽祭
プラハの春国際音楽祭は、70 年以上にわたりチェコ共和国で最高の文化イベントとして認識されています。世界最高のアーティスト、シンフォニー・オーケストラ、室内楽アンサンブルが出演者に名を連ねており、それはちょっとした社会現象であるといえます。ここ70年間の間に起きた、政治体制の転換と劇的な文化的環境の変化を乗り越えて現在に至ります。これは、真の芸術のもつ質を評価した、また今も評価し続けているオーディエンスの力によるところでもあります。

プラハの春は第二次世界大戦の終焉を祝ったことに端を発し、その時から音楽ファンのみならずトップ・アーティストたちをひきつけ続けています。1946年と1947年のフェスティヴァルでは、後に著名になった指揮者、レナード・バーンスタインが国際デビューを果たしています。

更に他の著名参加アーティストには、例えばバイオリニストのダヴィド・オイストラフ、ユーディ・メニューインやシュロモ・ミンツなどがいます。スヴィヤトスラフ・リフテル、アルトゥール・ルービンシュタイン、ルドルフ・フィルクシュニーなどのピアニストも参加しました。さらにオペラ歌手では、プラハのフェスティヴァルにおいて、その後のプロとしてのキャリアならびに人生のパートナーとなるムスティスラフ・ロストロポーヴィチと出会った、ガリーナ・ヴィシュニェフスカヤや、エリザベス・シュワルツコフ、ダグマル・ペツコヴァー、ルチアーノ・パヴァロティ、ペテル・ドヴォルスキーなどが出演していました。

コンサートや公演は、フェスティヴァルの枠内でプラハのいたるところで行われることから、とても素晴らしい演奏だけでなく、プラハにある修道院、教会や博物館の歴史的な背景も楽しむことができます。とはいっても、フェスティヴァルの中心は象徴的な、ヴルタヴァの河岸にあるルドルフィヌムとアール・ヌーボー様式建築の珠玉、市民会館です。