ブルータル・アサルト

ブルータル・アサルト

中央ヨーロッパのメタル・アイランド。

八月 9 2022 - 八月 13 2022
ブルータル・アサルト
毎年8月、東ボヘミアの旧軍事要塞ヨゼフォフに、何千人ものヘビー・メタル・ファンが結集します。それも地元のファンばかりではありません。「ブルータル・アサルト」フェスは、チェコ国外でも高い評価を得ており、遠いところでは例えばベネズエラからもファンが訪れています。

素晴らしい音楽、素晴らしい舞台

メタル・フェスの舞台が歴史的な軍事要塞…と聞けば誰もが意外に思うことでしょう。ブルータル・アサルトの味わいはこの分増大します。ヨゼフォフ要塞は、18世紀末にオーストリア帝国がプロイセン王国からその北の国境を防衛するために建てたもので、同時に武器庫、倉庫、そして軍人および一般市民の住居でもありました。この要塞のゲニウス・ロキは、フェスティバル全体の独特な雰囲気創造の上で、非常に重要な役割を果たしています。また会場全体の唯一無二の音響効果が持つ意義も忘れてはなりません。これはミュージシャンにも高く評価されており、例えばカナダのバンド、ゴーガッツは、フラデッツ・クラーロヴェーのすぐ近くに位置するこの小さな町でのコンサートを、その長いキャリアの中で最高のものと評しています。フェスティバルには、過去にミニストリー、マストドン、あるいはモーターヘッドなども参加しました。

12年に渡る成功の秘密

このフェスティバルが12年間に渡っておさめ続けている成功の裏には、一体何があるのでしょうか。まず挙げられるのが、主催者の絶え間ない努力。これらオーガナイザーは毎年、最高のメタル・ミュージックの進路を見極め、トレンドを先取りしたイベントを企画してきました。また東ボヘミアの独特な雰囲気も重要な役割を果たしています。しかし何と言っても正に理想的な舞台づくりに貢献しているのが、地元住民の対応です。通常同様のイベント開催地の住民は、多かれ少なかれこれに拒否反応を示すものなのですが、ヨゼフォフでは町を上げてフェスティバルを支援、メタル・ファンがブルータル・アサルトで最高の体験ができるよう、毎年住民の一人一人が惜しみなく協力しています。ヨゼフォフ市民の対応は他に例を見ない特別なもの、そしてこのイベント全体も並はずれた、特別なものなのです。