チェコで過ごすヴァレンタインデー:ロマンチックな小道、素晴らしい料理、そして恋人達の橋

チェコで過ごすヴァレンタインデー:ロマンチックな小道、素晴らしい料理、そして恋人達の橋

今年のヴァレンタインを過ごす場所はもうお決まりですか? まだという方のために、ここでいくつかお勧めスポットをご紹介いたしましょう。ミシュランの星付きレストラン、あるいはヴルタヴァ川の最も美しい眺めが楽しめる場所など、是非ご検討ください。

Homeニュースチェコで過ごすヴァレンタインデー:ロマンチックな小道、素晴らしい料理、そして恋人達の橋
今年もヴァレンタインデーが近づいてきました。チェコは、この恋人達の日をパートナーと過ごすのに最適な場所の一つと断言できます。プラハ歴史地区のロマンチックな小道を散策したり、カレル橋で恋人とセルフィーしたり、あるいはプラハ以外の場所に体験の旅に出かけたりと、様々な選択肢の中から貴方のお好みの過ごし方をお選びいただけます。

プラハ:ロマンチックな散策と極上の料理 

プラハとその曲がりくねった小道は、恋人達のロマンチックな散策に最適な場所を提供しています。中でもマラー・ストラナに位置するカムパ島は、プラハで最も魅惑的な場所の一つとされています。スメタナ河岸通りとカレル橋、そして国民劇場を望む素晴らしい眺めのほか、ここでは恋人達の橋と呼ばれる、ヴルタヴァの支流・チェルトフカに架かる最古の橋も見ることができます。恋人達は、この橋の欄干に自分の名前が書かれた錠前を掛け、その鍵を川に投げ込むのです。カムパに来られたら、プラハに現存する橋の中でも最も古いカレル橋にも必ずお立ち寄りください。特に早朝、あるいは夜の雰囲気は最高です。橋からは、やはり必見の観光スポット、世界最大の敷地を持つプラハ城の姿もご堪能いただけます。

十分ご散策された後は、プラハのレストランの中でも最高の店をご予約されることをお勧めいたします。マラー・ストラナでは、レストラン「ウ・ズラテー・ストゥドニェ」(U Zlaté studně「黄金の泉」の意)を是非お試しください。ここでは極上の料理はもちろん、百塔の町プラハの素晴らしい風景、そして18カラットの金で覆われた壁の内装もご堪能いただけます。またグルメの方には、2012年よりミシュランガイドの常連となっているレストラン「アルクロン」(Alcron)がお勧めです。30年代の暖炉を擁する、アールデコ様式の高雅な内装は、ヴァレンタインデーのディナーにぴったりの場所と言えましょう。またイタリア風のスタイリッシュなヴァレンタイン・ディナーは、ホテル・フォーシーズンズのレストランでお楽しみいただけます。
 

プラハ以外の場所で祝うヴァレンタイン 

チェコ国内、プラハ以外の場所でも、恋人達の日・ヴァレンタイン・デーをご満喫いただけます。例えば北モラヴィアビール温泉・シュトラムベルクでは、ユニークなヴァレンタイン体験が保証されていますが、このほかビール温泉は西ボヘミアカルロヴィ・ヴァリ(当地のビール温泉は、千リットルの巨大な風呂桶における1時間のリラクゼーションを提供するものとなっています)、クルコノシェ山地ハラホフ、そしてプラハから東に車で1時間ほど行ったところにあるクトナー・ホラなどでもご体験いただけます。またワイン派の方々は、フストペチェあるいはレドニツェ=ヴァルチツェ地区ワイン温泉を是非お試しください。後者は283.09 km2の広大な地域で、欧州最大、恐らく世界でも最大の人文的名勝とされています。またヴァツチツェ城の地下では、チェコ共和国ワイン・サロンのテイスティング展示が行われています。チェコ国内のウェルネス・ホテルはほぼ全て、ヴァレンタイン・パッケージを提供していますので、選り取り見取り。例えば中央ボヘミアムツェリ城のロマンチックな貴族的雰囲気の中で贅沢なケアを受けるのも良いですし、あるいはクルコノシェ山地のヤンスケー・ラーズニェにあるデザイン・ホテル「オムニア」、またはブルノダムのほとりに位置するホテル「マキシムス・レゾート」でウェルネス体験するのも良いでしょう。

あるいは今年はちょっぴり趣向を変えて、ロマンチックな自然に囲まれて、例えばプラホフスケー・スカーリなどでヴァレンタインの夜を過ごすというのはいかがでしょうか。またプラフチツェ門のそばに佇んで夕日を眺めたり、あるいは中央ボヘミア展望台「マーイ」で周囲の景観を満喫するのも良いでしょう。後者はかつて「聖ヤンの急流」と呼ばれる川があった場所の上方に位置するテレチーン(Teletín)の近くにあり、ここからのヴルタヴァ川の眺めは、最も美しいものの一つとされています。