チェコ7景観の一つを求めて

チェコ7景観の一つを求めて

イェセニーキ山地は、インスピレーションを刺激する産業施設、建築を擁し、また夏のハイキング・コースも満載

イェセニーキには、山と森のほかにも数々の注目スポットがあります。中でも最も魅力的なものの一つに挙げられるのが、ドロウヘー・ストラーニェ揚水発電所のホルニー(上部)貯水池。ここへは徒歩でも、あるいは自転車でも行くことができます。貯水池では、ユニークな技術遺産体験、そしてイェセニーク最高峰・プラジェト山の素晴らしい眺めが貴方を待ち受けています。

ドロウヘー・ストラーニェ

 
 イェセニーキ山地ドロウヘー・ストラーニェ揚水発電所は、チェコの7景観の一つとなっています。技術設備の大半は広大な地下空間に隠されているため、主として注目の的となるのは地上に見える建物、特にムラヴェネチニーク山頂、海抜1350 mの位置に広がるホルニー貯水池は圧巻です。
 ハイキングの起点として理想的なのが、コウティ・ナド・デスノウ。以前は単なる冬のスキー場でしたが、その後徐々に拡張され、現在は一年中楽しめるスポーツ&アトラクションのマウンテン・リゾートとなっています。ここからロープウェイメドヴェジー山に上ると、新しい展望台が見られます。ドロウヘー・ストラーニェまでの道のり、約3 kmの最終区間は、モダンなシャトル・バスが運行していますが、道標の付いたハイキング・コースを通っていけば、徒歩でも簡単にこなすことができます。頂上まで自転車とともにたどり着いた方は、コウティ・ナド・デスノウまでの帰り道、16 km延々と下り坂が続く道を一挙に降下することができます。また熟練したバイカーには、当地の本格派サイクリング・コースもご利用いただけます。

モラヴィア最高峰

 
 ムラヴェネチニーク山頂のホルニー貯水池からは、周囲の壮大な景色を望むことができますが、中でも最も目を惹くのが、フルビー・イェセニーク山地、ニースキー・イェセニーク山地最高峰、そしてモラヴィア全土でも最も高い山、プラジェトです。海抜1492 mのこの山は、高さではチェコ国内で第5位を占めていますが、プラジェトを上回る4つの山は、チェコ最高峰スニェシュカ(1603 m)を含め全てクルコノシュ山地に集中しています。プラジェトの山頂には、レストラン、展望台を兼ねた高さ162 mのテレビ塔があります。天気の良い日には、ここからベスキディ山地リサー山などはもちろん、スロヴァキアのヴィソケー・タトリ山地オーストリア・アルプスなども望めます。冬には、プラジェトは人気のスキー・リゾートに早や変わり。ここでは5月まで雪が残っていることも決して珍しくないのです。

ヴェルケー・ロシニでは温泉アクアパークがオープン

 
 観光にうってつけの地としては、このほかヴェルケー・ロシニという名の小さな町も挙げられます。ルネッサンス式の城温泉で知られるこの町には、治癒効果のある9ヵ所の硫黄温泉プールのアトラクションのほか、様々なウェルネス・プログラムも提供する、温泉アクアパークも近々オープンする予定です。ここではまた、ハンドメイドの高級紙を既に数百年に渡って作り続けている有名な製紙工場の見学もお忘れなく。見学コースでは、製紙全工程が紹介されるほか、夏季には見学者が自ら紙作りにチャレンジすることもできます。