クリスマスの魅力に包まれる城

クリスマスの魅力に包まれる城

魔法のような魅力が溢れるチェコ共和国の四旬節には、一度経験したら忘れられない魅力で一杯のボヘミア各地の城に誘われてみませんか。その美しさに酔いしれてください。

城で開かれるクリスマスマーケットの人気は、年々上昇しています。城の隅々にまでわたる魔法にかけられたような雰囲気は、一度味わえば忘れることができません。マーケット内にはプンチュやホットワインの香りが漂い、クリスマスの伝統的な食べ物が並びます。ここに雪化粧が加われば、四旬節の雰囲気はさらに盛り上がりを見せ、忘れられないものとなるでしょう。

プラハ城

四旬節の間クリスマスマーケットが開かれるプラハ城も、オーナメントの光で飾られます。世界一広大な面積を持つ城の城内には、クリスマス向けの良質な商品が並びます。プンチュやホットワインを味わい、チェコならではのクリスマスプレゼントを選ぶことができます。プラハ城からはプラハの街全体やペトシーンの展望塔に向かう、とりわけ美しい景色の1つを臨むことができます。

カルルシュテイン城

プラハから近い王の城、カルルシュテイン城では、四旬節の日曜である11月27日と12月18日に、恒例となっている王の四旬節の行事を準備しています。この時には、城の中庭だけでなく村の通りに至るまで祝いの空気に包まれます。四旬節の週末毎に恒例のクリスマスマーケットが開かれ、そこでは音楽、ダンス、合唱団のコーラスも行われます。12月18日にはカルルシュテイン城の騎士の間で、ヤン・ヤクプ・リバのチェコのクリスマスミサ曲のコンサートが開催されます。

チェスキー・クルムロフの城や城館

ボヘミアの南に目を移したなら、そこにUNESCOの真珠があることを忘れてはなりません。ここではだけでなくそのものが、この時期限りのクリスマスの美しさで旅行者を虜にします。数千に及ぶ光によってありとあらゆるものが輝き、クリスマスのオーナメントで飾られた町を歩けば夢の中のような心地を味わうことができます。クリスマス・プログラムとして、四旬節の初めにクリスマス・ツリーの点灯が行われ、聖ミクラーシュの行事、イエス様のポスト、さらにベツレヘムの再現(降誕の様子の再現)が用意されています。城ではクリスマス・イヴに「熊のクリスマス」というイベントが行われます。クリスマス・オーナメントに飾られクリスマスの雰囲気に満たされた城は、その内部を見学することもできます。また四旬節中のプログラムとして、最近改築されたチェスキー・クルムロフ修道院のコンヴェンツァル聖フランチェスコ修道院と聖クララ修道院を見学できるようになりました。冬の間も1年を通して見学可能な、城博物館へも入館することができます。

フルボカー城

チェスキー・クルムロフから北へほんの30kmばかり行った場所に、南ボヘミアの華麗な城が他にもあります。フルボカー城はここ9年間、1年を通して開館されており、冬季も内部見学することができるのです。合計9か所の部屋からなる見学コースは暖房が利いており、最後のフルボカー城の城主から4代前までさかのぼる、歴代の城主の部屋も訪れることができます。

トシェボニュ城

さらに別の南ボヘミアの城として、トシェボニュ城が挙げられます。この城はフルボカー城の近隣といえる位置関係にあります。ここでも、訪れた人に向けクリスマス・サプライズを用意しています。ロジュムベルク家最後の主、ペトル・ヴォクのルネサンス様式の城館では、すでに恒例となったクリスマス展示即売会とクリスマス・オーナメントを施した城内の見学が準備されています。城は11月から3月まで、毎週火曜の14:00から来訪者に対し公開されています。12月28日から30日まではコスチュームを着用して行う見学に参加できますが、これには事前に予約をしてお出かけください。

シフロフ城

プラハから北へ1時間余りの場所にあるシフロフ城でも、四旬節の間クリスマスマーケットが開催されます。伝統的なハンドメイド製品の製作デモンストレーションだけでなく、大人から子供まで広い層に向けて豊富なプログラムが用意されています。クリスマスの雰囲気を賑わせるのは、城の中庭に展示される降誕の様子を模した飾り(ベツレヘム)です。もちろんクリスマス・オーナメントを施した城内の見学もできます。城内は1年中入場可能です。11月26日から1月6日までの間は、クリスマス・ツリーやクリスマスクッキー、ベツレヘムで飾られた、普段とは一味違った見学が用意されています。

フラーデク・ウ・ネハニツ城

東ボヘミアにあるイギリス風の城フラーデク・ウ・ネハニツも、クリスマスを満喫するのにお勧めです。ここではクリスマスの歴史や城でのクリスマスの習慣を紹介する、趣向をこらした見学が準備されています。また、イギリスの本式な方法で作ったプンチュやコーヒー、紅茶、クリスマスクッキーの香りが漂う、城の厨房にも入ることができます。城は土曜と日曜に見学可能であり、また3回の公演が予定されているクリスマスコンサートでもクリスマスの雰囲気を味わうことができます。

ロケト城

カルロヴィ・ヴァリに近い西ボヘミアの城、ロケト城では、チェコ人の先祖の伝統を感じながら歩くことができます。こちらの城も1年を通して入場可能です。城では12月11日と12日に恒例のクルシュネー・ホリのクリスマスマーケットが開催されます。わら細工のクリスマス・オーナメントやお香作りをしながら、その昔のハンドワークの魅力を味わうことができます。おいしいものが好きな方にはペルニークの飾りつけ体験もあり、手回しオルガン奏者やバグパイプ楽団、民族音楽楽団が四旬節を音楽で盛り上げます。ボビンレース編みをする女性たちや木彫り職人の手仕事も目にすることができます。そして毎日、1日の締めくくりにはファイヤー・ショーによってお祭りの雰囲気が更に彩られます。