チェコの大晦日、元旦イベント ベスト5

チェコの大晦日、元旦イベント ベスト5

2015年をスタイリッシュに迎えましょう!

一生忘れられない思い出となる5つの大晦日、新年の過ごし方をご紹介いたします。

オペラで大晦日

 新年を、プラハ 国立オペラ座ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」ガラ・イブニングで迎えませんか? 「ゴールド・ビュッフェ」のメニューに舌鼓を打った後、夜中過ぎには、スウィング・オーケストラのライブに合わせて舞台で踊ることもできます。プログラムは19時30分にスタートし、終了はもちろん元旦の早朝となります。

プラハの花火大会

 花火好きの方は、プラハ中心部で開催される伝統の新年花火大会をお見逃しなく! レトナー公園で、11日、18きっかりに開始されます。花火見学お勧めスポットは、プラハ旧市街側の河岸通り。但し当日は混雑するので、橋や河岸といった理想的な見学場所は早めに確保しておく必要があります。また移動も時間に余裕を持ってしないと、人並みをかき分けているうちに見逃してしまうことになりますので要注意。花火打ち上げ自体の所要時間は、10分ほどです。

ルドルフィヌムのニューイヤー・コンサート

 チェコ・フィルハーモニーの伝統のニューイヤー・コンサートは、その本拠地であるルドルフィヌムにて、2015年1月1日20時に開始されます。クラシック音楽界から新鮮且つヴィヴィッドな選曲でお送りするこのコンサート、ゲストはソプラノのアイリン・ペレス、そしてバスバリトンのアダム・プラヘトカです。

カルルシュテイン城見学

 壮大な古城・カルルシュテインは、チェコの戴冠宝物や聖遺物のコレクション保管の場、そして重要な訪問客を迎える場として、皇帝カレル四世により建てられたものです。城は、大晦日も、また来年の元旦も10時から15時まで見学可能です。

リプノのツリートップ・ウォーク

 チェコ最初にして唯一のリプノ・ツリートップ・ウォークは、年中無休。大晦日も元旦もオープンしています。その上1月1日には、伝統のツリートップ・ウォーク元旦ウォーキングが行われます。天候に恵まれれば、遠いアルプスの山頂、リプノ湖 ほぼ全域、そしてシュマヴァ山脈ノヴェー・フラディ山地周辺を望む、素晴らしい景色を楽しむことができます。地上37 m地点に最初の展望台がありますが、ここまでは完全バリアフリーです。元旦ウォーキング参加者は全員、主催者より小さな贈り物、そして賞状をプレゼントされます。更にツリートップ・ウォークでは、暖かいクリスマス・ポンチが無料で配られます。リプノ・ツリートップ・ウォークは、冬季も10時から16時までオープンしています。