お勧めショッピング・スポット

お勧めショッピング・スポット

ショッピングがお好きな方に、耳寄り情報!

Homeニュースお勧めショッピング・スポット
ショッピングが最大限に楽しめる、快適な場所をご紹介しましょう。しかもチェコでは祝日などを除き、各種ショップ、ショッピングセンターが閉まっていることはほとんどありませんので、コートでも、ボヘミアン・カットグラスでも、お望みのものが何であっても、ご旅行の間にお買い物が間に合わないかもしれないなどという心配は一切ご無用です。

ワンストップ・ショッピング なら ショッピングセンター

チェコは、人口当たりのショッピング・センター密度が世界でも最も高い国の一つ。いつでもどこでも買い物に出かけることが可能です。
 
国内最大のショッピングセンターの町は、やはりチェコ最大の都市・プラハです。中でも最大級の規模を誇るのが、同名の地下鉄駅に直結したホドフ・ショッピングセンター。間もなく改装工事終了の予定ですが、完成後は店舗数が現在の約200店から300店以上にアップします。ここには例えばバブアーカール・ラガーフェルドといった高級ブランドをはじめ、あらゆるブランド、製品がそろっています。プラハ市内ではこのほか、中心街・市民会館の向かいにあるパラディウム、あるいは一つの通りに何でも揃っていると言っても過言ではないナ・プシーコピェ通りも必見です。後者では、おもちゃの高級デパートも見られます。
 
ショッピングはプラハ以外の都市、ブルノオストラヴァなどでももちろん十二分にお楽しみいただけます。例えばオストラヴァでは最近、町の中心部、工場跡にショッピングセンター「ノヴァー・カロリナ」がオープンしましたが、これはチェコ国内でも最大級のものです。当初は、町の中心部から店舗の大半がノヴァー・カロリナ内に移ったため、中心街がガラガラになってしまうのではとの心配の声もありましたが、これは全くの取り越し苦労でした。中心部の空いた場所に新たなカフェ、レストランなどが次々と開店し、人々はここで憩いの時を満喫できるようになったのですから。一方ブルノで人気を集めているのは、何と言っても「ギャラリー・ヴァニュコフカ」。中央駅のすぐ近く、やはり工場跡に建てられたもので、ありとあらゆる品を揃えた多数のテナントが見られます。
 

最高級ショッピング・ストリート - パリ通り

パリ通りは、チェコ国内でも類を見ない最高級ショッピング街。ユダヤ人街を経由してプラハ旧市街広場とヴルタヴァ川と結ぶこの通りは、19世紀末から20世紀初頭にかけてパリの大通りを手本に造られたもので、この事実がその名の由来ともなっています。高級ブランド店が集中し、また美しいファサードで飾られた建物が立ち並ぶパリ通りでは、街路樹の落とす木陰で快適に散策、ショッピングを楽しむことができます。この通りを歩いていると、誰もが満ち足りた、ゴージャスな気分になれるのです。世界の有名ブランドが開店すべく文字通り熾烈な戦いを繰り広げているパリ通り。ヘルメス、ドルチェ&ガッバーナ、ルイヴィトン、プラダ、グッチ、ジミーチュウ、カルティエ、ディオール、バーバリーなどなど、ここでは世界のブランド品のショッピングを心ゆくまでお愉しみいただけます。
 

タックスフリー? その手続きは?

お買い物が済んだところで気になるのが、付加価値税還付の可能性とその手続き。ここではこの点についてアドバイスいたしましょう。
 
付加価値税(VAT)の還付が得られるのは、欧州連合(EU)外から来られる方に限られ、一つの店で一日に2000コルナ以上の買い物をし、買い物日より3ヵ月以内に国外に持ち出すことが条件とされます。勿論お買い上げ商品は、あくまでご自分のためのもの、あるいはご親戚、お友達等への土産物でなければならず、本国での利益を目的とした転売の対象とはなり得ません。また食品、アルコール飲料、たばこ、燃料もVAT還付の対象とはなりません。以下は上記を前提とした説明となります。
 
チェコ出国の際、記入済みの「タックスフリー」申請書をご用意ください。これにチェコあるいはEU加盟国の税関の確認スタンプを押してもらいます。EU税関のスタンプなしには、VAT還付はなされませんのでご注意ください。還付金は、VAT還付仲介業者のカウンターに記入済み・スタンプ押印済みのタックス・フリー申請書、およびレシートの原本を提出して初めて受け取ることができます。還付方法は現金での支払い、あるいはクレジット・カード口座への入金またはご自宅への小切手の送付の中から選択することが可能です。還付期限は買い物日より5ヵ月以内となっています。