プラハや他の町にある10のデザインホテル

プラハや他の町にある10のデザインホテル

細部までチェコのホリデーを楽しむなら…

Homeニュースプラハや他の町にある10のデザインホテル
ホリデーや旅行でデザインにあふれた場所に滞在することが、ここ数年のヒットになっています。観光客は派手な高級さにさほど惹かれなくなっており、むしろオリジナリティを求めるようになっています。デザイン度の高いホテルの設備は有名建築家が携わって作った、あるいはその場の雰囲気がインスピレーションを与えたもので、ホテルのシンボルとして扱われています。いずれにせよチェコでも他の場所と同じように、デザインはホテルが顧客獲得競争に用いる手段の一つです。こういった手段によってのみ、儲けを得ることができるのです。下記にプラハだけでなく他のチェコの町も含めた場所、例えばロマンティックなクルコノシェ、御伽噺の中のようなリトミシュル、あるいはモラビアなどにあるデザインホテル、ブティックホテル、ライフスタイルホテル10選をあげておきます。.

プラハのデザインホテル

プラハは国内で最も頻繁に外国人観光客が訪れる町であり、またデザインホテルの数が最も多い場所でもあります。いくつかは歴史をもっており、またあるものは最近オープンしました。全てのホテルに共通するのはオリジナリティとラグジュアリーを持っているということです。

Hotel Yasmin ****

プラハの中心地、国民博物館ヴァーツラフ広場からすぐのところにホテルYasminがあります。設備の全てが力にあふれる緑、灰色、黒、茶色などの色調で、これに単純な白が効かせてある特注家具です。これはジャスミンの花をイメージしています。

Hotel Josef ****

ホテルJosef著名な建築家の作品であるという特別な物語を持っているホテルです‐具体的にその建築家とは、チェコ出身で評価の高いエヴァ・イイルジチュナー。後にホテルの特徴となったインテリア全体を彼女がデザインしました。2002年のオープン直後にプラハ中心地全域に被害をもたらした洪水が襲いましたが、その後早い段階でその傷から立ち直りました。現在ではセセッション様式の市民会館そば、町の中心地にあるデザインホテルでの滞在を好む観光客をひきつけています。

MOODs ****

新しいホテルの1つが、ブティックホテルのMOODsです。プラハの全ての重要文化財、例えば旧市街広場のようなところからも近くにあります。2010年オープン、オリジナルスタイルと歴史的環境という好まれる組み合わせの代表例的な存在になっています。プラハの中心にあるものの、激しい騒音を心配することはありません‐ヴルタヴァ川岸に近い静かな地区にあります。

区にあります。

Hotel Emblem *****

ラグジュアリーとスタイルを結びつけるのが、ライフスタイルホテルのEmblemで、旧市街広場すぐのカレル橋からも近い場所にあります。プラハのような大型都市で最も要求されるのが、一般の傾向から外れていることです。ホテルEmblemは館内設備の設計に数名の国際的デザイナーが共同しこれを実現していることを誇りにしています。宿泊客にきめ細かなサービスを提供するホテル内の照明、家具、あるいは従業員のユニフォームなどの点でコラボレーションしています。

One Room Hotel ******

ジュシュコフ・タワーのホテルOne Roomでの宿泊は天空にいるような贅沢な経験となります。特別な1室のみのホテルは、プラハで最も高層の建物を改修した際に作られました。このおかげで現在、豪華なベットに横になって地上66メートルの高さからのプラハの景色を堪能できるのです。部屋では一級の設備に囲まれ、あなたの全ての望みをプロフェッショナルな従業員たちがかなえます。

チェコ国内のデザインホテル

モラビアへ行く、北ボヘミアを目指す、UNESCOの文化遺産を訪れるあるいは自然の中に行く。どこに行っても、チェックアウトしたくなくなりそうな特別なデザインホテルに出会えます。

Hotel Aplaus **** リトミシュル (Litomyšl)

音楽祭スメタナのリトミシュルのため、あるいはUNESCOのリストに載っている特別な文化財を訪れるなどの目的でリトミシュルへ向かっているのであれば、歴史とモダン・トレンドの融合を評価されることでしょう。これをリトミシュルの歴史中心地区にあるホテルAplausで見ることができます。建物は500年前の古い市民の家を髣髴とさせますが、設備やインテリアは、快適さとクォリティを約束するモダンかつデザイントレンドを抑えたものになっています。

Omnia **** ヤーンスケー・ラーズニェ (Janské Lázně)

プール、ウェルネス、食事、会議、結婚式、そして最も近代的なスキー場は、ヤンスケー・ラーズニェのデザインホテルOmniaの一部となっています。冬にはチェコ最大の山脈が近いことをスキーヤーたちが評価し、夏には同じ理由で山歩き愛好家たちに好評です。ホテルOmniaはデザイン、質の高いサービスと経験を、クルコノシェ山脈の真っ只中で提供しています。

Miura Hotel **** チェラドナー (Čeladná)

Art & Design MIURA hotelチェラドナー・ナ・モラヴィエのゴルフ場にあります。スポーツのための宿泊を、ここではMiuraホテルが誇る芸術に結びつけることができます。ホテルをひと目みればすぐに、建物を支えるあるいは逆に建物に座るブロック像に気づくでしょう。これをデザインしたのは、その作品がなにかと話題になるチェコの芸術家、ダヴィド・チェルニーです。彼はジュシュコフ・タワーの塔を這い上がる赤ん坊像、プラハの小地区に置かれた小便をする噴水あるいは動くフランツ・カフカの頭部像の作者でもあります。これだけではありません。ホテルMiuraの中ではあらゆる角度から芸術に囲まれることになります。アンディ・ウォーホールヘンリー・ムーア他の作品があなたとの時間を過ごすことになるのです。ギャラリーの中で滞在するとはどんなものか、試してみてください。

Barceló**** ブルノ(Brno)

ブルノの中心にあるブティックホテルBarcelóに滞在することは、同時に全モラビアの中心にいることになります。シュピルベルク城、自由広場、あるいは青果市場から近いところに位置しています。ここから車で5分行けば、UNESCO文化遺産の1つ‐他に類のない邸宅、トゥゲントハット邸があります。ホテル自体は19世紀の宮殿を改装したもので、スタイリッシュなインテリアはロマンティックな滞在にも出張にも向いています。

Hotel Ještěd (イエシュテェト)***  リベレツ(Liberec)

他にはない眺めを、ホテルJeštědでは堪能できます。イエシュテェトはリベレツや北ボヘミア全体のシンボルの1つでもあります。ホテルが入っているテレビ塔は、権威あるペレ賞を受賞した建築家のカレル・フバーチ設計による、20世紀建築では最も認識度が高いものの1つです。ここではモダンな部屋か、時間を遡るレトロスタイルの部屋かを選べます。

n-10-design-hotels