修道院での宿泊:静寂した休暇をお望みの方に

修道院での宿泊:静寂した休暇をお望みの方に

チェコでは壁の向こうに隠れた修道院で宿泊できることをご存知でしたか?ここにご紹介しましょう!

日々の慌ただしさから解放された静養、静粛、秘法に満ちた雰囲気や霊的エネルギー―これこそ修道院での休暇が提供してくれる魅力です。もちろん一生というわけではなく、一晩もしくは週末の休暇にいかがでしょうか?

プラハ:カプチン会修道院での夜

カプチン会はアッシージ出身の聖フランチェスコを創始者とするカトリックの修道院団で、プラハフラッチャニ で生活し、天使の聖母マリア教会のある修道院で働いています。16世紀末から17世紀にかけて初めてチェコで設立された最古のカプチン会修道院です。ちなみに、すぐそばにあるカリヨン(組み鐘)のあるバロック様式のロレッタが有名で、その当時はまだありませんでしたが、4半世紀後に登場しました。

フラッチャニのカプチン会修道院では、プラハの中心街で宿泊施設を探しているどなたでもご利用できる短期間の宿泊施設があります。2部屋から最大12のベッドのある部屋まで多様な大きさの部屋が設置されています。ほぼ全室に共同の衛生設備、ロビー、キッチンがついています。安い宿泊料金にはさらに特典として、ロレッタ、カプチン会の修道士たち自ら修復した巡教場所への入場料が割引されます。

こだわりの方にお勧めのプラハ: 環境に配慮した修道院ホテル・ベネディクト修道院での夜

何千年以上にもわたって顕在している主要な修道院といえば、プラハのブジェヴノフ修道院
です。まさにここは、聖ベネディクト修道士社会の禁欲的精神を持った生活が求められるチェコ内で最初の男性の修道院です。といっても日々の祈りや労働があるからといって、修道院が外の世界を全く遮断隔離しているというわけではなく、その反対です。修道院の見学では、ロマネスク様式の遺体安置所や聖マルケータのバロックのバジリカ聖堂をご覧いただけ、バロック様式の司教の儀式を行う会堂では、コンサートや多彩な交流イベントが開かれますし、修道院の創設者の一人ヴォイケシュコの名にちなんで名づけられたヴォイケシュコのパヴィリオンのある修道院の庭園を散策することもできます。修道院のビール製造所以外にも、ここには環境に配慮したホテル・アダルベルトがあり、レストラン修道院バーも併設されています。朝食付きの宿泊、いわゆるベッド&ブレックファストで、心地よく満足していただける23室の部屋が利用可能です―言うまでもなくエコロジーな部屋です!

ジェリフ: 修道院のビールを満喫できるプレモントレ修道院での夜

刺激を与えてくれる環境での静養、瞑想、研究、またとりわけ完璧な休養に最適の場所をお探しの方には、ジェリフのプレモントレ修道院.をお勧めします。1139年に創設されて以来、ありとあらゆる変遷と改革を経験してきました;その他の詳細は、この施設の見学をしていただければ十分に知ることができます。修道院そのものに宿泊することも可能です;直々にプレモントレ修道会に経営管理を任されたホステル大修道院ジェリフで心地よい滞在を満喫できます。多様多彩な大きさのお部屋をお選びいただけ、設備の有無もご選択いただけます。ターボル(チェコ語でキャンプの意)と呼ばれる会堂でご自身の寝袋でお休みいただく最も安い宿泊施設から、専用のキッチンの付いた特別部屋までご利用可能です。大人数を収容できる宿泊施設、食事の提供、またいくつかの会堂やレクチャールームの使用などの利便性もあり、ここではよく多種多様な催し、会合が行われます。プレモントレ修道院では宗教に関係のない世俗的なお楽しみも、信仰的な喜びも味わえます:たとえば、地元のビールを監視のもとにテイスティングもできる大修道院のビール製造所の見学、また霊的な信仰復興のプログラムもあります。

ブルノ近郊のヴラノフ: パウラーンの夜と多彩な催し

モラヴァカルスト地区の素晴らしい自然の真っただ中に、ここは数多くの伝説で満ちた聖母マリアの巡礼の場所があります:「キリストの降誕における聖母マリアの教会」のあるブルノのヴラノフです。ここは、パウラの聖フランチシェクの最小の信者仲間の教会パウラーン―の一部になっています。信仰礼拝の施設で、多数の宗教的、文化的、教育的なイベント、講演会、家族向けの週末の宿泊、子供や若い人向けの教会区のキャンプヤ週末の宿泊施設もご利用いただけます。衛生設備が整った部屋に百を数えるベッドを持つこの施設にはまた、書斎付きの一人部屋も設置されています。一日の食事を提供してくれる食堂、いくつかのホールやエキュマニカル(全世界的な)のチャペルもあります。もちろんこの施設をご利用できるのは、宗教的関心をお持ちの方、思慮深い方、また精神修養の家としての規定や規則に敬意を払う方の宿泊が優先されます。

ブロモウフ:かつて修道士が修業をした小部屋での宿泊

ブロウモフ修道院砂岩岩石があちこちにみられる絵にかいたような地区にあります。そこを一度訪れたなら、きっと一生忘れられない思い出となるでしょう!元来ゴシック様式であったものがバロック様式の教会に再建された聖ヴォイケフの大修道院の教会をご覧ください。ここの図書館には17,000冊を超える冊子が収められており、また貴重な象眼細工の家具を施した聖具保管室もごらんいただけます。また新たに2015年4月から、かつてベネディクト派の修道士が生活していた部屋に宿泊することができます。