イフラヴァ地方(Jihlava)

イフラヴァ地方(Jihlava)

この地方は、昔、チェコとモラヴァという国を分けた境線に位置しています。
この地方は、昔、チェコとモラヴァという国を分けた境線に位置しています。その大部分は、837mのヤヴォジツェ(Javořice)山を最頂点とするイフラヴァ丘陵と重なっているので、高低差があります。この地方は、テルチ(Telč)市の街並みと宮殿というユネスコの指定文化財を誇りにしています。テルチとトジェシュチュ(Třešť)の間の森には、ロシュテイン城がそびえています。また、200年も続く伝統的な作り方で有名なキリスト誕生の像のコレクションもトジェシュチュの見どころの一つです。