iMucha

iMucha

動く原画たち

8月 21 2020 - 2月 28 2023
この展示は、21世紀の技術により、かつてのテニス王者イワン・レンドルが集めた、世界でもっとも包括的なチェコのアール・ヌーヴォーコレクションについての新しい視点をもたらしてくれます。専門家によってミュシャの絵画がデジタル化されたことにより、この展示では動くミュシャの人物画を見たり、スラヴ叙事詩の風景に囲まれたり、あるいはアルフォンス・ミュシャ自身と対話することができるのです。
アール・ヌーヴォーの時代を100年先に進める、すなわち私たちが100年前にタイムトラベルすることが、この展示の革新的なコンセプトです。このコンセプトの構成が見事なのは、ミュシャ研究の第一人者による注釈とともにミュシャの人生や作品の中でも特に重要なマイルストーンを扱っている点です。展示では240もの目を引く作品の数々が展示されています。ミュシャに関する興味深い情報やその時代の重要な瞬間を扱っているだけでなく、魅力的な作品たちやデジタルエフェクト、取扱いの幅広さ、大衆への話題性のすべてにおいて、この展示は非常に独特でユニークだと言えるでしょう。
 
この展示は、世界的に有名な画家であり、グラフィックアーティスト、デザイナー、そしてアール・ヌーヴォー期の伝説であるアルフォンス・ミュシャの作品やレガシーを復活させ広めよう、というユニークで国際的なiMuchaプロジェクトの一環として行われています。iMuchaプロジェクトの担当者たちは、ベル・エポック時代を復活させ現代のエナジーで満たすのだ、と話します。またそれと同時に、革新的なアルフォンス・ミュシャがもし今も生きていたらどのような作品を残していたかについてもプロジェクトの中で見ることができます。彼らは、この神秘的で謎に包まれた天才の秘密を暴くとともに、膨大な量の作品を大衆に公開しています。