チェコの城で高貴な貴族のように眠るための15選

チェコの城で高貴な貴族のように眠るための15選

王子になったかのような滞在をしてください!チェコ共和国の城にある高級宿泊施設15選をご紹介します。

城を訪れたときに、重厚な天井の下の柔らかなベッドで眠り、豪華さに包まれた庭の眺めと共に目覚めるとはどんな心持がするのだろうと考えたことがありますか?チェコ共和国内であれば、これを試すことができるのです!まるで王子や王女になったかのように感じることができる、ロマンチックな滞在をお楽しみください。あなたの小さな王子様たちにも、特別な経験をして頂くことができます。

プラハ周辺

 

シャトー・セイント・ハヴェル

まさにプラハに、古城ホテル・セイント・ハヴェルがあります。その礎石は1273年に置かれました。20世紀には公園内の土地を購入したいという複数の申し入れがありましたが、所有者がこれを断り続けたおかげで、現在、古城ホテルへの客達は活気に満ちた首都の中心部と目の鼻の先にありながら、広大な緑の真ん中での静けさを味わうことができています。

シャトー・セイント・ハヴェルは、ゴルフ好きにとってよい選択と言ってよいでしょう。エリア内にはアクアドライビングを備えた独自性あるゴルフ場があるからです。プラハでの1日、あるいはグリーンの上での1日を、どのメニューも素晴らしい古城レストランで締めくくることができます。

イエムニシュチェ

イエムニシュチェ城はバロック様式の住居で、テレジエ、フランティシェク、ライネルという名前が付けられた3つのスイートで宿泊することができます。これらの部屋の調度では、歴史が主役を演じています。城の調理場で重視しているのは多様性と、隣接する庭で育てたハーブや野菜です。

イエムニシュチェはクトナー・ホラあるいはプラハからすぐのところです。首都まで1時間かかりません。

リブリツェ

プラハや歴史的なムニェルニークの町からすぐのところにリブリツェ城があります。ここでは宿泊客に対し歴史、快適さと近代的建築の統合を提供しています。というのも、宿泊には、歴史的な家具を備えたクラッシックな城の客室と、モダン家具を備えた別館の客室から選べるからです。
リブリツェは、ムニェルニークムラダー・ボレスラフを結ぶ、美しくお伽噺の中のようなポラビーへ向かうルートの上にあります。

ロウチェニュ

もし休暇の間雲隠れしていたいと思うなら、同じ様にプラハから近いロウチェニュを訪れてみてください。マクシミリアン・ライフスタイル・リゾートのエリア内には、ロマンチックで豪華な宿泊以外に、チェコや欧州でも貴重な存在で、独自性あるラビリンターリウム―あらゆるタイプの迷路のコレクションを楽しむことができます。

ロウチェニュから近いのはプラハだけではありません。レジャーランドのミラクルム(Mirakulum)もあります。ここは子供達の評価だけでなく、大人の評価も高いところです。

シャトー・ムツェリ

シャトー・ムツェリはその豪華さで宿泊客に極上のケアを施します。それに加え、独自のコスメティックライン、多くの賞を獲得している素晴らしい料理、美しい庭園、そして城の環境も含め、選び抜かれた設備も揃っています。特別なケアは子供に対して向けられており、彼らはプリンセス・ネラのスイートルームに宿泊したり、彼ら向けのパッケージサービスを楽しんだりできます―美味しい昼食、プリンセスの衣装、王子様の探検の午後、英国庭園での娯楽、あるいは聖イイルジーの森の散策などです。これら全てが、シャトー・ムツェリの安全な敷地内で行われますが、もちろんご両親の付き添いも必要です。

プラハからシャトー・ムツェリまでは1時間程度です。ムラダー・ボレスラフあるいはフラデツ・クラーロヴェーへもすぐの距離です。

ズビロフ

中央ボヘミアと西ボヘミアの境にあるズビロフ城では、貴族のように極上のケアと最高のもてなしを受けます。ここは唯一、あなた以前に皇帝ルドルフ2世カレル4世、著名な画家アルフォンス・ムハ、あるいはオペラ歌手のエマ・デスティノヴァーが宿泊したと同じ部屋に泊まることができるホテルです。

ズビロフはプルゼニュからすぐのところ、 クシヴォクラーツコ地域の境にあります。クシヴォクラーツコは、チェコ共和国内でも特に有名な城 クシヴォクラート城に名前の由来があります。

 

ボヘミア


フラーデク・ウ・スシツェ

メインゲートを入り、お伽話の中のような滞在をお楽しみください。ここには快適な環境やプロのスタッフがおり、滞在し日常へと戻った後にも好んで思い出したくなるような経験に出会えます。
フラーデク・ウ・スシツェ南ボヘミアの美しい景色の中にあります。ここからはシュマヴァカシュペルク城やプルゼニュまですぐです。

ホスタチョフ城

ボヘミアとモラヴィアの境界に ホスタチョフ城があります。その客室の1つで宿泊すれば、ゆったりと時間が流れた時代へとタイムスリップすることができます。城の図書館、ゲーム ルーム、映画館など、城の多くの部屋のひとつで時間を過ごすことができます。

UNESCO世界文化遺産指定されている クトナー・ホラ、ジュレビ城が近くにあります。

フルバー・スカーラ

 EA古城ホテル・フルバー・スカーラでは、  チェスキー・ラーイの美しさの全てを手中に置くようなものです。城は、車でも自転車ででも簡単にたどり着ける、砂岩の上にあります。そこからの眺めは保証されています。しかも観光シーズンは、チェスキー・ラーイの半貴石の研磨を体験することもできます。

城とプラハの間は大変交通の便がよく、 ムラダー・ボレスラフや例えばリベレツも近くです。

カメンニー・ドヴール

カルロヴィ・ヴァリとヘプの間に位置する古城ホテルカメンニー・ドヴールは、西ボヘミアの温泉三角地帯の一部です。豪華な客室での宿泊以外に、貴重な体験となる美食、美しい公園の心やすらぐ 抱擁や、豪華なウェルネスを提供します。

ノヴェー・ムニェスト・ナド・メトゥイー

ノヴェー・ムニェスト・ナド・メトゥイーの城の客室を予約すると全館の鍵が渡され、城の主になることができます。 1501年にはその礎石が置かれた構内に宿泊できるようなっています。ここでの宿泊は歴史に囲まれる時間となります。

ノヴェー・ムニェスト・ナド・メトゥイーは、 北ボヘミアポーランドの国境そばにあります。遠足にはドヴール・クラーロヴェーにあるサファリがある動物園オルリツェ山地に出かけられます。

 

モラヴィア


シャトー・ヘラーレツ

神秘的なヴィソチナの美しい自然、18世紀の英国庭園の只中に、宿泊客を5つ星ホテルのもつ高級さと完全なプライベートで魅了する古城ホテルがあります。 Spa by L’OCCITANEという城の温泉や独自性ある有名な銘柄のワインのコレクション―チェコ国内ではこの種のコレクションで最も規模が大きいものの1つが利用できます。 これら全ては、確実に美食とつながってゆきます。シャトー・ヘラーレツでは、美食とは新鮮で農薬を利用していない地域野菜を意味しています。

プラハブルノのちょうど中ほどに城があります。ですから、チェコ共和国の美しさを知る出発点として良好な場所です。

ナパイエドラ

ナパイエドラ城は、チェコ共和国東、 モラヴィアの中心地にあるバロック建築のすばらしい宝石であるといえます。 しかし同時に家族向けホテルでもあり、何もしない贅沢とアクティブに過ごす休暇の選択肢があります。 エリア内にはテニスコートがあり、例えば近隣にはサイクリストの好むバチャ運河があります。

遠足として、例えばズリーンへ近代的建築を見学しに、あるいはクロムニェジージュとそのユニークな庭園を見学しに出かけてもよいでしょう。 クロムニェジーシュの庭園はUNESCOの世界文化遺産リストに登録されています。車で1時間行けば、モラヴィアの首都ブルノに着きます。

トシェシュチュ

古城ホテル・トシェシュチュでは、城の歴史的な建物内の客室と、かつての城の馬舎を新しく改装した別館の客室をオファーしています。 会議や会社の行事での利用客以外に、心地よい環境・素晴らしい自然、リラックスに必要な静けさを求める人々がホテルを利用しています。休暇の時期には、子供連れの家族の滞在にも利用されています。

トシェシュチュはいくつかの観光スポットに近い場所にあります―テルチトシェビーチェなど、UNESCOの世界文化遺産リストに登録された宝石を訪れることができるのです。

ヴァルチツェ

ヴァルチツェ城の左翼に位置するホテル・フベルトゥスに部屋を予約すると、UNESCO世界文化遺産の中に滞在することになります。ここはオーストリアの国境に近く、世界文化遺産のリストにあるレドニツェ―ヴァルチツェ地区の一部です。 古城ホテルの様子は、いくつかの的をえた言葉で足りるでしょう:ハイキング、サイクリング、文化財、美味しい食事、良質のワインを楽しむのに大変よい環境です!  

もしもレドニツェ―ヴァルチツェ地区以外を訪れようと思うなら、ワインをもとめる旅に近くのミクロフを訪れたり、チェコで最も美しい地域のひとつといえるパーラヴァを訪れてみたりできます。
n-sleep-like-aristocracy

n-sleep-like-aristocracy